まほろばblog

Archive for 11月, 2015

「明見米」と「徐福文化を世界遺産に登録する」日中韓共同事業スタート

日曜日, 11月 29th, 2015

明日見 米

 

富士吉田市明見の親戚、勝俣源一さんから、今年も明見米が贈られて来ました。

富士山のすそ野で作られるお米。

富士の伏流水と風と土と景色で育まれた米は、徐福の遺産かも知れません。

それを、当地の小中学校の生徒と一緒になって田植えし、稲刈りする情景は、

子ども教育の原点を見るようで、源一さんの愛情深い思いが伝わります。

asumi米生徒

 

写真の映る黒とシマの敷物は、源一さんが織った布で、

ここ明見村は、昔の昔から機織の生産地で、その技術を徐福が伝えたといわれています。

『鶴の恩返し』や『かぐや姫』伝説は、ここや大月市一円の物語ではないかと思われます。

ともあれ、「徐福の終焉の地」、「富士古代王朝」の里として、今脚光を浴びているようです。

 

02c111acafc3c96f5532852f65eef0a3-300x163[1]

 

来年の11月には、「日中韓・徐福フォーラム」が富士吉田で開催されます。

私も、宮下家として参加する予定です。

反中、反韓、反日で、三国が現在、険悪な中、

『徐福』を縁に、皆仲良く協力して行こうという動きが出て来ました。

なんという御目出たいことでしょう!!!

先日中国から招かれて訪問した

神奈川徐福研究会会長の田島孝子さんから

その報告がありましたので、その一部を掲載しますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日中韓共同事業「徐福文化を世界遺産に登録する」協議が、

9月に韓国済州道で、

10月に中国江国済蘇省韓愈区にて開催の

「徐福文化フォーラム」の中で検討されました。

徐福が日中韓にもたらせた膨大な文化資産に対して、

今までの学説を分析、整理、統一して、

その人物像を鼎立、徐福文化を世界遺産に登録することを目的とした

三国共同事業についての趣旨説明が在り、続いてそのための

「徐福文化国際協議会」の創立が協議され、満場一致で同意されました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

jofukuzou[1]

 

このような主旨で『日本徐福会』が設立され、

日中韓三国の共同事業がスタートします。

政治戦略では、なかなか同意が見られない今、

徐福こそ、平和友好推進のキーワードになりそうですね。

この三国が仲良くして、アジアの平和、世界の平和への足がかりになることを

願って止みません。

詳しいことは、追ってご報告いたします。

 

 

乙女スタッフ、「いざ市場へ」!!

金曜日, 11月 27th, 2015

我がまほろば乙女スタッフ二人が、「いざ!朝市へ」。

大雪に、雨のぬかるみ、5時半集合で外は真っ暗、みな緊張気味。

この二人いずれも福岡出身、山田成子さんは柳川、大庭奈緒子さんは甘木。

まだ新人ながら、意欲満点。

自分から自主的に市場を見て、レジやバックヤードの仕事を深く理解したいと。

百聞は一見にしかず、兎に角、足で見る大切さ、現物を見てこそ説明も真実がこもる。

何事も、足を運び、目で見、舌で味わい、耳で人の話を傾聴する。

この積み重ねで、見識と自信が出来て来る。

 

 

紅ハタ

 

魚市場は、事毎に楽しい。

働く荷受や仲買のみんなにも、親切にしてもらい、気持ちいいスタート。

星野水産の大西君に声をかけられて、薦められる一品。

それは『活〆クエ』!!!

あの大相撲九州場所で関取が食べる「あら」のこt。

福岡に近い長崎産の天然物。

二人には近しくも、当地でもなかなか食べられない高級魚。

どうりで、100g¥2.000近いので、吃驚!!

 

image102[1]

● 漢字 九絵、垢穢 由来・語源 延喜式にある。 「こいぇり、こやす」の「こや」の転呼で「臥す」の転義。 「垢穢」で垢がついて汚れていること。 若魚の身体に不規則な数条の紋があのるで「九絵」。
● 国内でもっとも大型のハタ類。 偽装問題が起こるほどの超高級魚。 九州では「あら」といい、九州場所のある冬場に鍋などで供され、非常に人気が高い。 また、三重県、和歌山県などでは観光資源とされる。 天然ものは少なく、高価だが養殖が盛んとなり、 値段からして関東などでも一部の料理店でしか使えない食材であったものが徐々に
● 市場での評価 長崎県などから天然物がくるが、非常に少ない。非常に高価。ときにキロあたり1キロ1万円前後する。養殖ものの方が多く、価格は安定してキロあたり3000円前後。 漁法 釣り、定置網 近年養殖されたものが目立つ。 主な産地 長崎県、三重県、和歌山県などとれる量は少ない
● 調理法 汁(鍋、ブイヤベース)、湯引き、刺身、唐揚げ、ポワレ、ムニエル他 汁(鍋、ブイヤベース) 汁ものがもっとも美味。大型の皮下にゼラチン質があり、これが甘く、身は絹のように滑らかな質感で口の中でほどよく崩れる。うまみが出て見事な汁になる。ブイヤベースなどにしてもよい。
クエの刺身
クエのちり鍋
フグより高くて旨い高級魚。
玄界灘に飛び込んだつもりで、食べてみたいのだが・・・・・・・・・・・・・・・
さては、みなさん!
人生一度、口にしたくはないですか?
二人乙女、いろんな処を回って、とても楽しそう!!
次は、青果棟。
偶然に、和歌山の有田みかんのキャンペーン中。
みんなの中に入り、みかんちゃんのゆるキャラとキャンペーンガールと一緒に、
「ハイ、ポーズ!!」
とっても思い出深い、いい社会見学、人生勉強になりました。
仕入れのコツとタイミング、人とのやり取りの妙。
辛いことも、楽しくなっちゃう。
次は、0-1テスト講習だね。
ごくろうさん!!
乙女 みかんキャラ

 

天然「蝦夷あわび」入荷!!!

金曜日, 11月 20th, 2015

エゾ鮑 1

青池水産のヤングイケメン逢見隆君に呼び止められて、「蝦夷あわびはどうですか?」

(んン!しばらく仕入れていないな・・・・・・・・)

(そういえば、今年亡くなった「すし処札幌」のご主人が、細かい筋目を入れて握ってくれた

『蝦夷あわび』の握り、一口でほおばったアレは、絶品だったな・・・・・・・・)

などと、思いに耽りながら、水槽に行って、値段を聞いてびっくり!シャックリ!!

「なな・なんと、半額以下ではないか!!!!!」

(これは、買わずにおられようか!チャンス、チャンス、もう一つチャンス)

そんなこんなで仕入れた天然の蝦夷あわび。

マグロの戸井や松前の函館沖で獲れる。

他に、利尻や積丹もあるが、何せ蝦夷と名が付いても、一般道民の口にはなかなか入らない。

それが小粒ながら、

1個¥390  3個¥1.000

の大特価!!!これなら、何とか手の届きそうな値頃感!!

年末、高くならないうちに、しばしの贅沢。

目をつぶって、食べましょうね。

あわび 陳列

 

ところで、天然と養殖の違いは?

養殖アワビは、全国各地の主に建物の中で、

海側とは限らず、内陸部でも生産されています。

韓国など外国産の養殖アワビも多く輸入されていて、

回転寿司のネタなどにも使われています。

ezo鮑 2

養殖あわび

 

二枚の写真。

上が天然、下が養殖。

違いは貝の色ですね。

養殖はグリーンマークといわれる緑色していて、一目瞭然です。

理由はエサの違いです。

天然アワビは様々な海藻類を食べて育つのに対し、

養殖アワビは単一のエサで育つので、貝殻の色も単一になりがちです。

また、水槽で育つ養殖アワビは貝殻がつるっとして滑らかです。

天然アワビは藻がびっしりと生えており、他の貝も背負っています。

 

味覚は、個人差があって何とも言えませんが、

同じようで、やはり天然の味は一つ格別です。

ゴムの様な味気ないものがあわびと敬遠される方もおられますが、

天然は、単純ながら複雑な海の味わいが凝縮されています。

冷凍や死に貝より、やはり生の活あわびを

新鮮な造りの刺身で食べられるのが何よりです。

 

島田あわび

 

編集長の島田さんは、利尻島生まれ。

あわびを、おやつ代わりに食べていたというから、

何ともうらやましい限り。

焼いて、煮て、何でもござれですね。

今となっては、勿体無く、

一切れ舌の上に乗せて、ゆっくり味わいたいものです。

 

 

美女と野獣?「黒ムツ君」

木曜日, 11月 19th, 2015

くろムツ

長崎から超鮮度のいい「黒ムツ」が入荷。

丸水のアイドル北村詩帆ちゃんが手にする黒ムツのグロちゃん怪魚。

大目玉と歯が怖いですね!

噛まれたら指の2,3本持って行かれそうです。

でも、昔から言うでしょう。

不細工に旨いものあり、って!(ホンとかな)

これが刺身に、鍋に、煮付けに最高!!!

兎に角、銀にしろ、黄にしろ、黒にしろ、素性が同じで、

旨いものはうまい!!

珍しい九州の魚も、今では地元民が食べられる同時刻に、

道民も食べられるという、スゴイ時代になってしまいました。

●スズキ目スズキ亜目ムツ科ムツ属

「ムツ」の名前の由来は、「むつっこい」「むつい」など脂っぽいという意味の言葉がなまってムツになったといわれています。その名のとおり非常に脂を多く含んだ高級魚です。東北以南の近海で獲れます。

「ムツ」は背が黒く紫がかっています。腹は少し色が薄く銀色がかっていて大きいものだと60cmを超えるものもありますが、「クロムツ」はそこまで大きくならず、全体に茶色がかった黒い色をしています。市場では両者の区別はあまりされず、大きさで分けられているようです。

●クロムツとアカムツ

クロムツとよく似た魚に「アカムツ」や「ノドグロ」と呼ばれている赤い魚がありますが、一見クロムツの赤いバージョンのように見えて実は別のグループになり、あちらの方はムツ科ではなく、ホタルジャコ科アカムツ属の種類に入ります。とは言うものの、味や食感は非常に似ており、どちらも高値で取引されています。

●クロムツの旬は

晩秋から冬が美味しい旬です。でも、通年水揚げはあり、夏場でも十分に脂がのった味わいが楽しめます。特に産卵期が3月から5月で、その産卵前の卵「ムツコ」は煮付けにすると非常に美味で猟師さんたちが好んで食べるそうです。

●調理のポイント

2~3kg位のものが使いやすく味も良いようです。脂分が多く、身が非常にやわらかいのでさばく時は身割れしないよう注意が必要です。また、洋食系で使う場合、鯛や鱸などの一般的な白身魚とは違い、魚自体に十分な脂分と旨みが含まれているので、必要以上にオイルやバター、クリームなどは使わないような料理に仕上げるほうがより素材の旨さを引き出せるでしょう。

●刺身・・・

鮮度の良いものなら刺身で使いたい魚です。

●煮付け・・・

切り身にして煮付けてもとても美味。また「ムツコ」の煮つけは漁師さんお勧め。アラの煮付けも美味です。

●焼き物・・・

もちろん焼き物も非常に美味しいです。塩焼きはもちろんみそ焼きも美味しいでしょう。洋食でもポアレよりもシンプルにグリエにする方が良さが引き立つと思います。

●鍋物・・・

鍋は絶品。身が崩れやすいので、切り身はあまり薄くしない方がいいでしょう。まるままの物が手に入ったなら、アラもいい出汁が出るので有効に使いたいですね。

 

「仏陀バンク」に愛の手を

水曜日, 11月 18th, 2015

伊勢カレンダー 2

 

先日、石丸さんが、伊勢祥延(よしのぶ)さんというカメラマンをお連れした。

この10年間、アジアを旅して失われてゆく民族や内なる魂を撮り続けて、

貧困支援のためのカレンダーを作られている。

その志に賛同して、まほろばでこれを販売し、来年1月には講演会を企画している。

以下、石丸さんの紹介文をお読みください。

 

伊勢カレンダー  パンフ1

伊勢祥延さんのこと。。。 石丸ひさこ

2010年ころ チベットチベットの映画会後、

チベット周辺のスライド写真で現況をお話ししてくださった。

一昨年大切なカメラをアジアで盗まれたと聞いてとても心が痛んだ。

伊勢カレンダー  パンフ2

ほどなく友情の支援の輪で新しいカメラが買えたそうだ。

Catuddisa-sangha 四方僧伽でいろいろな取り組みをしている。

ある時は文房具(未使用のノートや鉛筆、消しゴムなど)をアジアの貧しい子供たちに

届ける活動後の報告で 文具をもらってうれしそうな顔をする笑顔の子供たちの写真で報告された。

伊勢カレンダー

「仏陀バンク」という制度は

アジアの少数民族が自立して行けるように仏陀バンクから援助資金を貸し出す。

それをもとに地域に根付いた自律的な経済活動するための資金となる。

貸し出されたお金は無利子で,

返却されそれらはまた他の場所への活動資金として循環していく美しい支援の輪となる。

 

伊勢カレンダー  女子 ソルマ族.

伊勢さんは一昔前 札幌の中央区の大通り近辺で

美容院を開いていた時期があったそうだ。

写真と美容院の経営。。。

時間が自由に使えないことで

自由に時間を使えるフリーの写真家の道を選んだ。

「普段の暮らしはね地味にしているからあまりお金かからないんだよ」・・・

とても美しく整えられた部屋は今年の8月に「家庭画報」の1ページを飾ることになる。

 

DSC_0052 DSC_0054

経済や生活の安定という事が一番に大切だったら

選ばない選択をして 自由に時間を使う道を選んでの今が在る。

人間が本当に真っ直、純真なんだなぁと思う。

そんな伊勢さんの撮る写真の美しさに

ほのぼのとした人間愛を感じる。

カレンダー1部 ¥500

 

伊勢さんバングラデッシュ 少女と男子pg

伊勢さんバングラデッシュ姉と弟

初の「天然ブリの飯ずし」絶品!!

水曜日, 11月 18th, 2015

mahorobaいづし ぶり

 

飯ずしで、ぶりは初めてではなかろうか。

それは史上初めてということ。

何処でも聴いたことがないし、扱ったこともない。

温暖化のためか、北海道で獲れないはずのぶりが、

これほど獲れ始めたのはここ数年ではなかろうか。

しかも、最も遠方の羅臼沖で獲れるのが、最も脂乗りが良い。

 

天然ぶり たけさん

 

それが、羅臼の漁師、佐藤敬さんが、自分で捕って自分で漬ける。

これぞ、本当の手前飯寿司!!!

ちょと、こんないずし聞いたことがない。

そして、その旨いこと、ありゃしない!!!

これは、はたはたや鮭と打って変わるではなかろうか。

まさに、絶妙絶品!!

今年の年取りの食卓に是非、載せて頂きたい逸品である。

1p(250g)¥2.200とお安い!!

さらに、羅臼沖で捕れる極め付きの銀毛鮭。

「極銀鮭」のいずしも、同じ¥2200で販売。

只今、人気ウナギ登り、いやブリ登り、鮭登りでした。

 

映画「遺伝子組み換えルーレット~私たちの命のギャンブル~」

火曜日, 11月 17th, 2015

GM

菅文の八味とうがらし『おひかえなすって』!

土曜日, 11月 14th, 2015

SONY DSC

 

昨年末、長野の岩波金太郎さんの「八味とうがらし」が突然、製造販販売中止!

これには、ショック、なかなか信じ難いことだった。

何せ、七味フェチで、何にでもかけたがる、振りたがるのだ。

あれほど旨い、これほど旨いものは、そうざらにはありえないから。

label_02[1]

実に、地団駄を踏むこと数限りない。

そう項垂れて1年。

何と、そこに新たなる朗報が訪れた。

それが、これだ!!!

あの亡くなった菅原文太さんが開いた「おひさまファーム」。

兄弟分の小泉武夫先生も、ここに加わっている。

http://www.mahoroba-jp.net/newblog/?p=10887(故・菅原文太さんの講演会のこと)

その農園で造った素材を元に「八味唐辛子」を作った。

「唐辛子、白ゴマ、黒ゴマ、柚子、山椒、生姜、青のり、ごぼう」の国産品。

麻の実が、入らないのは、やはり規制で栽培が難しいからだ。

その名も菅文の『おひかえなすって』 !!!

辛味の効いたパンチの唐辛子でした。

・・・・・5000箱限定販売・・・・・・・

八味とうがらし おひかえなすって 尾田栄一郎パッケージ
唐辛子 × 1袋(15g) 専用缶 × 1個 

¥740

(只今、入荷待ち。予約受付中)

 

 

 

柳葉魚の極み「うす紅シシャモ」

金曜日, 11月 13th, 2015

うす紅ししゃも

 

・・・・・・・・・期間限定品・・・・・・・・・・・

日高沖でのみ獲れる「神の魚」とも呼ばれるししゃも。

僅か2ヶ月足らずの短い漁期の中でも、

とりわけ11月上旬の1週間ほどの間だけ

漁獲されるメスのししゃもは、

ほんのりと腹部に朝焼けのような赤みを帯び、

なんとも美しい宝石のような色に染まり、

まさに身質、卵質ともに最高の時を迎えます。

1尾ずつ職人が選び抜いた稀少なししゃも「うす紅ししゃも」を

無添加物でうす塩で仕上げました。

是非ともご賞味ください。

451shisyamo1[1]

 

大格安!!

1箱(メス) 1串10尾×3串=30尾

カタログ¥4.200のところ、限定 50箱のみ

¥ 2.980

デカイ!吃驚!!オ、オッ大鯛!!!

木曜日, 11月 5th, 2015

ダカ鯛

 

デカイ!

な、何と合わせて10kgの大鯛二尾!!

獲れたは、日本海の神恵内沖。

鹿児島、熊本、愛媛もびっくりの一本釣りの大物。

大西君が小さく見えるほど。

さてさてさて、めったに獲れない道産ま鯛。

明日からの3日間の「ありがとうノ日」。

真鯛の大セールが始まるよ!!

さあ、さ、さ、さあ、買った、買った、買った!!!!!!