まほろばblog

Archive for the ‘人生論’ Category

「複眼思考のススメ」の素晴らしさ!

日曜日, 9月 17th, 2017

 

先日14日朝、まほろばで阿蘇・TAO塾主宰の波多野毅氏の講演会が開かれた。

「複眼思考のすすめ」と題したお話。

一言「これは、まほろば紹介ではなかろうか?!」

と思うほど、まほろば的、いやまほろばを言い当てて下さったような内容。

会場一杯の参加者は、笑いと喜びの渦で、舞い上がっていた。

これほど、盛り上がった講演会も、かつて無かったのではなかろうか。

 

収穫半ばで、途中から車で仁木から飛ばして来た私は、その異様な盛り上がりに半ば圧倒されていた。

スタッフ山田成子ちゃんから、開催の話を受けた時、すぐ「いいよ!」と快諾したものの、お会いしたことがない。

http://www.mahoroba-jp.net/about_mahoroba/tayori/topix/topix2017/topix2017_9/201709yamatyan.pdf

今までの彼女との経緯は、皆シンクロだらけで、今回初めて未知との遭遇だった(笑)。

しかし、今までのことを思うと、今回の出会いもきっと何か大きな意味合いがあるのだろうと期待してた。

ひと月も店に帰っていない私が、満を持して中抜けしたのである。

 

 

一聴、その内容を伺い「なるほど!!」と合点した次第。

非常に分かり易い話しぶりは漫談のよう。

リズミカルなテンポ、的を得た譬え、的確な図柄と写真、

2時間もの間飽きさせぬ内容は、みんなの心を鷲づかみにしたのではなかろうか。

従来の陰陽論、無双原理を超克し、一元・多元を包括した物事の見かた、捉え方に、

みな笑いを堪えながら、心に刻みながら染み入ったはずである。

余りにも万端多岐にわたり、言い及んでおられたが、

あのバカボンのパパ、何事も「これでいいのだ!」に尽きるのではなかろうか。

そして、バカボンはBuddhaであったというのも痛快にして達意であった。

 

「今在るを認め」。

「今、ここに」にすべての答えがあるのだろう。

今に生きる、これは私のテーマでもあった。

また、氏の生国が熊本小国町であったことも、大きな結縁を感じずにはいられなかった。

「小国寡民」は、まほろばの社是、これが波多野氏に直結していたとは。

何か天機天意に触れたその日の出会いであった。

またの再会と北海道での講演あらんことを。

恒例「念仏会」が開かれます!

水曜日, 6月 21st, 2017
EPSON MFP image

EPSON MFP image

 

SONY DSC

SONY DSC

https://ja-jp.facebook.com/honnouji369/

本應寺・栖岸院とのご縁

凡々々愚々々・・・・・念仏会

今年も、東京から本應寺さんのお念仏会が、まほろば本店地下洞で行われます。

今月25日(日)午後から2時からです。

宗旨宗派に囚われない大らかな生き方に賛同するものです。

凡々々愚々々・・・・・念仏会

月曜日, 5月 30th, 2016

念仏かい

毎年恒例の東京・本応寺のお念佛会が催されます。

こぞって、ご参加ください。

何かを、つかめるかもしれませんよ!!

詳しくは、お寺のHPをご覧くださいませ。

http://honnouji.com/

 

SONY DSC

SONY DSC

命ある限り、希望があります!!

木曜日, 2月 18th, 2016

photo

映画で、最後のホーキング博士のスピーチ!

「我々は、千億の銀河の中の一つ、

平均的な恒星の周りを回る小さな惑星上の霊長類の中の

高度な種のひとつでしかありません。

しかし、文明の夜明け以来人々は、

この世の潜在的秩序について、理解したがっています。

宇宙の境界条件に関しては、特別な何かがあるのでしょう。

そして、さらに言えば、境界などないのです。

normal

 

人間の努力にも、境界はありません。

我々はみな違います。

いかに不運な人生でも、何かやれることがあり、

成功出来るのです。

命ある限り、希望があります」

 

20150324072013

 

 

 

111歳、106歳画家、大活躍!!!

月曜日, 8月 31st, 2015

ビックリ!

何と111歳の後藤はつのさん、106歳の豊田三郎さん、

今なお、意気軒昂に「わが道を行く」!!!!!

その画業が、すばらしい!!!

私たちも、負けられません。

60歳還暦、折り返し地点に過ぎない。

 

Image155[1]
明治5年生まれ、昭和54年に没して107歳まで健在だった、

あの彫刻家、平櫛田中(ひらくしでんちゅう)翁、曰く

 

 

六十、七十、洟垂(はなた)れ小僧、

男盛りは百から百から、

わしもこれからこれから。

img_0[1]
いいぞ!

みんな、老けていられないヨ!!!

 

YouTube Preview Image

http://www.akakura.gr.jp/wakui/mama/

後藤はつのさん(111歳)

73歳の手習いで始めた絵に夢中、

80歳代から99歳まで、100号の油絵を描き続ける。

100歳を超えてからは、アメリカ旅行、個展、新たに始めた百人一首…。

いつも笑顔の111歳! その素晴らしい絵と生き方エピソードを紹介。

 

YouTube Preview Image

http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/pickup_photo/70651.html

豊田 三郎さん(106歳)

ふるさとの杉や足羽川などを描いた風景画が世界的に評価されている豊田三郎画伯は、

1908年(明治41年)美山町に生まれ、

5歳のときに見た古い墨絵に影響され画家を志すようになったといいます。

帝国美術学校(現 武蔵野美術大学)卒業後、中学校美術教員になり、

70歳を過ぎて画業に専念し、1989年(平成元年)「ふるさとの山河」が

サロン・ド・パリ展大賞を受賞。

以後、数々の世界的な賞を受賞しています。

 

 

 

皮下脂肪・・・・・・

金曜日, 8月 28th, 2015

imgefcff673zik4zj[1]

 

昨日の朝のミーテイングで、「職場の教養」を読む。

「サラリーマン川柳」がテーマ。

今年第一位。

皮下脂肪 資源にできれば ノーベル賞」ウフフ、もう一つ

増えてゆく 暗証番号 減る記憶」もっとももっとも、さらに、

オレオレと アレアレ増える 高齢化」笑うに笑えない、身につまされる・・・・

しみじみと哀歓漂う内容は、ことに夫婦間のありようが題材になる。

笑い転げて、未だに頭に焼き付いているのが、もう20年以上前の

まだ寝てる 帰ってみれば もう寝てる」の一句。

家族との断絶をアイロニーこめて詠っているが、実際はほほえましい家庭なのだろう。

まだある。

いい夫婦 今じゃどうでも いい夫婦」笑えます。まだあります。

いい家内 10年経てば おっ家内」わっつ、はっは!

プロポーズ あの日に帰って 断りたい」これは有名。

昼食は 妻はセレブで 俺セルフ」道理で、熟女は元気なのだ。

夕暮れ時の何とも切ない悲哀を感じますが、詠えることは、

心に余裕があってのこと、これらのご夫婦、きっと仲が良いのでしょう。

悩みも、川柳で吹き飛ばして周りを笑わせれば、また新たなエネルギーを貰えます。

人生を川柳で、乗り切るのも一興ではありませんか。

無為のパワー

火曜日, 5月 12th, 2015

米国ダラスの治療師・高松文三氏から、また一文が送られて来た。

老子の「無為にして為さず」の観念が、

実は体験としては大きな力を持っていることを語っている。

起きている時間と寝ている時間の他に、覚醒の時があると。

それは明々溌々とした意識であり、

自己が活き活きと力が溢れる歓びの時であると。

それを、高松氏は、気功の中に見出しつつある、らしい。

その文、甚だ面白く、惹かれるものあり、どうぞ、ご参読を。

 

無為のパワー

 

前世療法、大盛況!!!

水曜日, 4月 15th, 2015

SONY DSC

横浜市の「イーハトーヴクリニック催眠センター」の荻原優院長によるセミナーが28日にちえりあで、

そして翌日『前世療法1日体験ワークショップ』がまほろばで行われました。

前日、まほろばで「アスタジー」のセミナーが終わった後、駆けつけたのですが、

不覚にも、催眠誘導以前から既に自ら誘導して、本格的睡眠状態に突入、

後から目を覚ましてその誘導事項を聞くが、目新しいことばかりで、

自らを爆睡療法で心身を癒していたらしいことが判明。(笑い)

とにかく、催眠にかかりやすい体質で、何年か前に「記憶と前世」を書いたことがあった。

仏教では、輪廻転生は基本思想で、それがいわば西洋科学の手法で実証されている感がある。

 

SONY DSC

 

荻原先生は、まほろばでは二回目の講座。

当日、満席の熱狂で、これほどの方々が参加されるほどの、受け入れる時代の熟成だろうか。

基本の知識と歴史。さらに、実技で参加者同士の実践。

初めての方も含め、なかなかどうしてどうして、みなさん入りやすいんですね。

それぞれに、相当の記憶が甦ったようで、それも具体的に詳細に告白されたようです。

それにより浄化され、今の生を肯定し、明日への希望が沸いてくる体験に、

みなさん一同に、次回のセラピスト講座を札幌と函館で開き、参加したいとの事。

もうビックリデスね。

さらに一層研鑽をつまれて、新しい人生の扉を開かれますことを祈ります。

 

SONY DSC

100歳長岡さん世界初、1500メートル完泳 

日曜日, 4月 5th, 2015

t02200330_0800120013184226395[1]

 100歳の長岡のおばあちゃま。
すごい!!
1,5kmを泳ぎ切った!!
それも、世界新記録!!!
そして、水泳を始めたのが、何と80歳から!!!!
誰もが、人生に希望を持てますね。
人生、いくつからでも遅くない。
やる時は、今!!
ありがとう!長岡さん。
201502pick1[1]

 100歳の現役スイマー、長岡三重子さん=山口県田布施町=が4日、松山市で開かれた日本マスターズ水泳短水路(25メートルプール)大会の女子1500メートル自由形に出場し、100~104歳の部で世界初の完泳を果たした。ゴールの後「やれやれです。寿命があれば105歳まで泳ぎたい」と笑顔を見せた。

 記録は1時間15分54秒39。日本マスターズ水泳協会によると、今後、国際水泳連盟(FINA)に申請し、正式な世界記録と認定される。長岡さんの持つ世界記録は25種目となる。マスターズ水泳は、年齢層ごとに順位を競い、健康増進や他の選手との交流も重視。国内では18歳以上が参加でき、距離や泳法で種目が分かれる。

 100~104歳の部に出場したのは長岡さん1人で、40~70代の選手にまじって背泳ぎで挑戦。30往復を泳ぎ切った。

 長岡さんは第1次世界大戦が始まった1914年に山口県周南市の商家に生まれた。「前畑ガンバレ」のラジオ放送で知られ、36年のベルリン五輪200メートル平泳ぎで優勝した故前畑秀子選手と同い年に当たる。水泳を始めたのは80歳の時。リハビリが目的でほとんど泳げなかった。短水路はターンの回数が増えるため、より負担が大きい。長岡さんは過去に2度挑戦したが、いずれも途中棄権していた。

 

PK2015040502100044_size0[1]

100歳スイマー

 

死生

日曜日, 3月 1st, 2015

「降りてゆく生き方」の森田さんから、送られて来た記事です。

佐治先生の死生観が見事に平易に書かれたものです。

人は、いつかは直面する死。

それをどう受け止めるか、私達ひとりひとりの課題でもあります。

 

sajisennsei  siseikann