まほろばblog

Archive for the ‘政治’ Category

「明見米」と「徐福文化を世界遺産に登録する」日中韓共同事業スタート

日曜日, 11月 29th, 2015

明日見 米

 

富士吉田市明見の親戚、勝俣源一さんから、今年も明見米が贈られて来ました。

富士山のすそ野で作られるお米。

富士の伏流水と風と土と景色で育まれた米は、徐福の遺産かも知れません。

それを、当地の小中学校の生徒と一緒になって田植えし、稲刈りする情景は、

子ども教育の原点を見るようで、源一さんの愛情深い思いが伝わります。

asumi米生徒

 

写真の映る黒とシマの敷物は、源一さんが織った布で、

ここ明見村は、昔の昔から機織の生産地で、その技術を徐福が伝えたといわれています。

『鶴の恩返し』や『かぐや姫』伝説は、ここや大月市一円の物語ではないかと思われます。

ともあれ、「徐福の終焉の地」、「富士古代王朝」の里として、今脚光を浴びているようです。

 

02c111acafc3c96f5532852f65eef0a3-300x163[1]

 

来年の11月には、「日中韓・徐福フォーラム」が富士吉田で開催されます。

私も、宮下家として参加する予定です。

反中、反韓、反日で、三国が現在、険悪な中、

『徐福』を縁に、皆仲良く協力して行こうという動きが出て来ました。

なんという御目出たいことでしょう!!!

先日中国から招かれて訪問した

神奈川徐福研究会会長の田島孝子さんから

その報告がありましたので、その一部を掲載しますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日中韓共同事業「徐福文化を世界遺産に登録する」協議が、

9月に韓国済州道で、

10月に中国江国済蘇省韓愈区にて開催の

「徐福文化フォーラム」の中で検討されました。

徐福が日中韓にもたらせた膨大な文化資産に対して、

今までの学説を分析、整理、統一して、

その人物像を鼎立、徐福文化を世界遺産に登録することを目的とした

三国共同事業についての趣旨説明が在り、続いてそのための

「徐福文化国際協議会」の創立が協議され、満場一致で同意されました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

jofukuzou[1]

 

このような主旨で『日本徐福会』が設立され、

日中韓三国の共同事業がスタートします。

政治戦略では、なかなか同意が見られない今、

徐福こそ、平和友好推進のキーワードになりそうですね。

この三国が仲良くして、アジアの平和、世界の平和への足がかりになることを

願って止みません。

詳しいことは、追ってご報告いたします。

 

 

平和のいのち

月曜日, 8月 31st, 2015

平和のいのち

20150830154302oipii[1]

 

enntenn

イスラムとのこれから

水曜日, 4月 15th, 2015

「降りてゆく生き方」の森田さんから紹介された株式会社インスパイアの高槻亮輔社長。

世界的視野から次世代の在り様を切り拓く彼の哲学と実績に圧倒されながら、

まほろばとは全く別世界にいながら、不思議に共感できる何かがある。

ことにイスラム圏と提携協同する展開、これからの世界の動向を観る眼には驚かされる。

スケールの大きい視点と、足元の食と自然に対する眼差しも優しい。

http://video.fc2.com/content/201501109wMyU0Mz

青山の事務所には、エリクサーが設えてある。

SONY DSC

WHO、抗がん剤の禁止

木曜日, 10月 30th, 2014

先日の「千島学説研究会」の講演中、

「『WHOが抗ガン剤の禁止』を発表した」と公表され、一同驚きの声。

その事実を、阿部一理先生からも聞いたが、その真相は定かではない。

一部、ネットで次のような情報が流されているが、驚くべき内容で、

大元での闇の抗争劇があったという。

判断は各自にお任せしたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

WHOが抗がん剤の使用をやめるようにいいだした。

あとは各国の国内法の問題。
こんにちは。
5月21日、日本で福井地裁が大飯原発に再稼動「差止め」判決を出し、

天皇皇后が足尾鉱山を訪問されたとき、ジュネーブにあるWHOでは、

癌治療に使われる抗がん剤に関し、熱心な議論が始まっていた。
そして、6月13日(金)に、ローマ法王フランシスコが、マネー崇拝を完全否定し、

「戦争を起してでも利益を追う旧い体制を排除する」と宣言したのとほぼ同時に、

ロックフェラー家に不幸が起きた。

Rockefeller_1[1]

 

 

 

この時には、真剣に、FRB(通貨マフィア)に代わる新しい通貨システムの話し合いが始まり、

WHOでは抗がん剤をやめる決定が下りていた。
法王フランシスコの言う「旧い体制」を、戦後、もっとも支え、

それによって大繁栄したのは、「お花畑状態になった日本 」の産業界です。

日本人は平和憲法があるからといって、世界の悲劇を他人事ととらえ、世界全体の中で、

日本の国家と産業界がどんな位置づけが分からないままでした。

「町人国家」と呼んだものがいたくらいでした。
それが今では、はっきりわかります。

悪魔の僕だったのです。今のイスラエルをみてください。
先日、いい話があるといったのは、5月末に、WHOが抗がん剤の効用を否定するどころか、

抗がん剤の害毒を認めたことをうけ、日本では、ようやく7月15日に、癌治療の現場で、

「抗がん剤を使わせる指導」を撤回することが決定したことです。

ただ、すぐに、法律で禁止したり、行政指導をすることではなく、

当面は、各医療機関がこれまで買ってある備蓄分を使うことを容認し
、そのあとに通達が出されるとのことのようです。
どこまでも、医療業者の利益をまもりたいのが日本の「お上」の姿勢なのです。

それでも、「抗がん剤」否定の流れが始まったのは事実ですので、これはいいことです。

ここでは、国民が、大いに、声を上げねばなりません。
この5月からの流れを考えますと、6月13日(金)の朝に、

リチャード・ロックフェラーが殺されたのは、彼が抗がん剤の内情を大々的に公表する決意を、

父のデビッドに伝え、これからは、本来のまともな医療に取りかかれると、

贖罪と希望に胸高鳴っているところを、

この動きを知るアメリカの医療マフィア(これは父のデビッドがつくりあげた)によって犯行が実行された、

と考えられます。これが、真相でしょう 。
では、日本の医学会は、どうなっていくのでしょう。
ロックフェラー医学に倣って、様々な要因で平気で癌や病気をつくり、

対処薬をつくり、高額治療でおおいに儲ける。

その代表が抗がん剤、そして、陽子線治療。

東大を中心にした日本の医学会では、こんなことばかりしてきたから、

当然、福島の原発事故は、最高の実験台となり、

首都圏住民の被曝は、さらなる飯の種となった。

 

「食べて応援」「瓦礫処理」も、儲けのタネである、「癌」を拡散するものだった。
しかし、BRISC開発銀行を登場させた「力」は、この真実を知り、それを止めだした。
ただ、それでも、国家主権と各国の権力事情が尊重され、

それぞれのペースで、この体制を止めさせることに。

日本の場合は、医療業界、マスコミ、教育、保険、と、

すべての業種の利害に関わるだけにあいまいなままで進行する。

 

ここで、また、幸不幸、運不運がでてしまう。

国民が、「羊」であり、「社畜」のままだからだ。
安倍政権のうちに、真実が出ることはない。

日本全国各地の医療機関の医者たちが、猛反省するにも時間がかかるでしょう。

俸給が保証される地位のみを目指し、本当の勉強(いかにいい社会を創るか)や

学問(真理・真実の探究)をしたことのない人ばかりなんだから。・・・・・・・・・・・

感動の演説!魂の絶叫!!!

土曜日, 2月 8th, 2014

ソチでは、テロ脅威の中でのオリンピック開会式。

札幌では、猛烈な寒気の中での雪祭り。

東京では、何十年ぶりの雪風の中での都知事選。

そして、広島・福島を逆撫でしたゴーストライター事件。

そして、まほろばでは、ささやかながらの売り出し。

この一両日で、何かが起ころうとしている。

まほろばは、政治には極力、物言いしないで抑えて来た。

だが、明日都知事選を控え、

この応援演説を聴き、矢も盾もたまらず伝えたいと思った。

「東京が変われば、日本が変わる」。

政党宗教を超えて、イノチの一点を見つめて、

子供たちの明日のために、投票してください。

知り合いの都民の方に、お伝えください。

YouTube Preview Image

http://tokyo-tonosama.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

桶狭間の戦い、今に在り!

木曜日, 2月 6th, 2014

9日は都知事選。

まさに、天下分け目の戦いであろう。

原発推進か、廃止か。

煎じ詰めれば、争点はこの一点にある。

経済も、福祉も、何もかも、イノチ無くして成り立たない。

いわば、この大難所を越える力があれば、

後は、時の勢いが、一気呵成に事々を成し遂げるのだ。

そこに、日本の命運がかかっている。

その一点にこそ、国難を突破する鍵あり、と出馬した憂国の士。

止むに已まれぬ真情が、突き動かした。

 

さぁ、日本人の良識を問う都民の一票。

起死回生の絶好の機会は、今ここにあり!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

TPPの恐るべき罠

月曜日, 5月 13th, 2013

「森下自然医学」の『食卓に潜む危ない食品』でもおなじみの船瀬俊介氏。

氏の鋭い舌鋒は、大企業の暗躍も恐れず、その根幹を指摘して臆せません。

今回も『健康情報新聞』(掲載許可済)に掲載されたTPP参加の裏にあるもの。

氏の『「モンスター食品」が、世界をくいつくす!』も上梓されています。

是非お読みください。両店舗で、新聞を無料で置いています。(数限定)

 

TPP船瀬氏

「韓国人の本質」出版記念!

水曜日, 5月 8th, 2013

IMG_3791

 

さる3日(金)、東京銀座で韓国在住の後藤吉助翁を祝う素晴らしい式典が開かれました。

向いは、銀座三越、服部時計店、鳩居堂に囲まれたサッポロビル。

1月には88歳の米寿記念式、そして今回、3年前に設立した㈱極味創業と出版記念。

日韓友好海苔のご縁からわずか3年間ですが、親子の契りを交したほどの仲になりました。

 

韓国人の本質 本

 

その後藤翁、書かれた原稿の2/3を削って、「死ぬ前に伝えておきたい『韓国人の本質』」との

タイトルを付け、ご自分の経歴や会社のことをカットして、本筋の韓国への提言を、

命がけで書かれ、出版しました。

韓国人の本質 親子写真

 

ご自分の韓国(奥様が在日二世)の親族のことから赤裸々に切り出し、

そこに韓国人の本質を露わにした訴えの内容に驚きました。

韓国をこよなく愛するがゆえに、自分のイノチと刺し違えて、

韓国が国際的に通じる人間性を養うことを力説しています。

ことに、何事にも「ケンチャナヨ」つまり「大丈夫、大丈夫!」と言って、

物事をなおざりにしたり、ごまかすという国民性。

「その言葉を封印しなさい!」と、日本人が決して言えない事をあえて言ったのです。

 

SONY DSC(真中は札幌の近藤ブライダル社長、左はプレマの岸記者)

 

日本国内で、韓国人の悪口・批判は出来ます。

しかし、現地に住んで、それはなかなか出来るものではありません。

いつどんな目に遭うかも知れません。

それが出来るのは、正しいことを言っているという信念と

韓国と日本への深き愛国心から来ています。

まさに無私の精神で訴えている憂国の士なのです。

韓国は、隣国の兄弟です。

本当に、当日会場にいらした皆様は感動されました。

私とは年が離れていますが、本当の知己を得て、感慨深いものがあります。

このご縁に感謝です。

まほろば関係の近藤、岸、菅原、本木、山口、山司、田中さんなども参加され、歓びを共有しました。

「韓国人の本質」はまほろばでも取り扱っております。(定価:¥1400)

是非、ご一読されてください。

 

SONY DSC

「サウンドヒーリング」到来

月曜日, 5月 6th, 2013

増川博士 セミナー

先日の日比谷公会堂で行われたセミナーに2000名を越す聴衆に先ず驚きました。

この手の集会にこれほど参集する時代になったのでしょうか。

時間の都合上、主に増川博士の講義を拝聴。

その水、電磁波、食、そして音へと連なる彼女の軌跡と思想が

集大成された感があり内容も圧巻。

最後、宇宙万物は周波数であることへのアプローチ。

誰もが、その映像と音響に説得される内容。

病気も、その周波数によって治癒される新しい治療の領域が出現されたのでは。

おいおい、その情報や商品を紹介してゆく予定です。

次回の森下自然医学のセミナーにもゲスト出演されるとか。

ご一緒したCI顧問の田中愛子先生も彼女の大ファンで、

いよいよ『サウンドヒーリング』も日本上陸なのですね。

まほろばの「松本愛子528Hz・愛の周波数」もその一端です。

乞うご期待!

 

f06f4d1a[1]

 

その後、登場した滝沢泰平さんという青年の話は、

「ボストンマラソンテロは芝居」だったという内容。

9.11を思い起こすビックリに、裏の裏・・・・そのまた裏があるのかと驚きました。

本当の真実はどうなのでしょう。

そのニュースソースとなった記事を紹介します。

http://beforeitsnews.com/conspiracy-theories/2013/04/boston-marathon-crisis-actors-2450330.html

SONY DSC

 

 

TPP反対!内橋克人氏

日曜日, 3月 3rd, 2013

TPP理論 

 

いよいよ、自民党がTPP参加を表明しましたね。

「倭詩」でも『TPPとGNH』で訴えていますが、近き未来に国土は焦燥と化すでしょう。

その時、参考意見として読んだ経済評論家の内橋氏の良心に心打たれた覚えがありました。

再びと論争が激しくなって来た昨今、氏の意見に耳を傾けるべきと考えます。