まほろばblog

Archive for the ‘自然農園’ Category

現代の「花咲か爺さん」!!

木曜日, 5月 4th, 2017

ハ芳園 1

私の幼馴染のお寺の大古木が、ある人を介して見事再生されたとのことで、

東京白金台、大久保彦左衛門屋敷跡の八芳園に案内された。

そこの生き生きと蘇った庭園は目にまばゆく、鯉は悠々と泳いでいる。

八芳園 2

 

「現代の花咲か爺さん」と呼ばれた福楽(ふくら)善康氏。

名からしてめでたし、めでたし。

何と、今日まで6000本の枯木を蘇らせたというから尋常ではない。

 

全国の名立たる大庭園、古城から神社仏閣に至るまで、その神技は並大抵ではない。

800年もの国指定の天然記念物の石戸の蒲櫻や世界遺産の天竜寺の櫻、仁和寺の松、

金閣・銀閣、平等院、大徳寺の木々、兼六園のケヤキ、

もう枚挙に暇のないほど銘木・古木を再生して来られた。

 

八芳園 3

 

そして、あの小説家佐藤愛子さんの櫻も、ヒコバエから見事に再生。

いつか彼女もこの奇跡を、『九十歳。何がめでたい』に続いて筆を起こすかもしれない。

世界盆栽オリンピック大会とも関わりの深い樹医の中の樹医である。

 

福楽先生

 

元より、生家は味噌・醤油・麹屋さんの老舗。

その神秘の一端をお聞きして、何かに繋がる思いでいる今である。

りんごの定植

木曜日, 5月 4th, 2017

DSC_0588

 

この春5月に、札幌山の手の「斎藤リンゴ園」の『マッカム』のリンゴ苗を

仁木の農園に植える予定でした。

昨年から、斎藤さんが接ぎ木して下さっておりました。

しかし、状態を見て、秋に植え替えをすることになりました。

全国にないマッカムは、昨年一個も入荷がありませんでした。

 

継承者のいらっしゃらない斎藤果樹園を、

近所の授産施設が少しずつ引き受けて今日まで来ました。

しかし、80年猶予も経つリンゴの巨木を育てて来られた斎藤さんの

熟練の技、観察眼、昼夜を分かたない愛情と手間暇は、

一朝にして育つものではありません。

多くの木が腐乱病に傷付いているのは、忍びないものがあります。

何本かは、切り倒しておりました。

新芽が、仁木の地で育つことを、夢見て。

 

以下、リンゴと斎藤さんの悲しみを知って・・・・。

http://www.mahoroba-jp.net/about_mahoroba/tayori/oriorino/oriorino2.htm

「精の宿り木」

http://www.mahoroba-jp.net/blog/2007/03/post_13.html

「リンゴ園の跡継ぎ募集」

http://www.mahoroba-jp.net/blog/2008/10/post_367.html

「旨し珍し味道中6、マッカムリンゴ」

小泉先生 まほろば 4 マッカム

 

 

(口にマッカムを頬張る小泉先生)

 

 

 

 

 

 

 

「グラスジェムコーン」大反響!!!

水曜日, 9月 28th, 2016

dousinnkiji  jemuko-nn

 

日曜日の道新朝刊の市内版(全道の小版にも)に、小別沢まほろば農園の

「七色コーン(グラスジェムコーン)」が取り上げられた。

何日間にもわたって、電話の鳴りっ放しの大反響にビックリ!!!

詳しい内容は、⒑月のまほろばたよりをご覧ください。

今朝のまほろば農園。

看板の前で、ポーズする三人。

その横で睥睨するジェムコーン。

背が高く、しっかりした根。

アメリカ大陸を生き抜いた逞しさが、

北の大地に、再びとよみがえります。

残数、あと僅か。

毎朝、開店前から店前で列をなして、5分間で売り切れます。(予約不可)

 

reinnbo-ko-nn

野生化葡萄、仁木農場より入荷!!

水曜日, 9月 28th, 2016

仁木ポートランド店頭

 

農薬も、肥料も、剪定も、管理も、水遣りも、

何もかも一切していない

放りっぱなしで野生化した

天然ともいえる葡萄。

しかも、甘ーい「ポートランド」。

仁木農場の廃園跡でわずかに成っている!!

感動的な味わい。

これが、葡萄の原点なのでしょう。

最初で最後の、今朝の入荷です。

 

仁木農場のポート (1)

オモしろ、三兄弟!!!

土曜日, 8月 27th, 2016

奇形トマト 1

 

今朝、会社に居ると、

小別沢農園の高田さんが、朝採り野菜を店に運んで、

事務所に入って来ました。

「これから、トマト・マジックの始まり!始まり!」

「この縦にしたトマトを、ホレ、ヒョイと横にします!」

「ハイハイ、横にしても離れません!!!

不思議や、不思議!!」」

串に刺しているのかな?と思いきや、

本当に、ヘタの処で、繋がっていました!

ビックリ!!!

 

奇形 トマト 2

 

これと似たもの、仁木農場でも見つかっています。

ナスも双子ちゃんです。

胡瓜は、曲がって鉢巻を巻いています。

こういう面白奇形は、畑で時々見られますね。

そのたびに、笑いを誘います。

 

奇形ナス

「きのこ王国仁木」に出荷しています!!

火曜日, 8月 16th, 2016

きのこ王国

 

「きのこ王国 仁木」に、まほろば自然農園仁木農場が出店して、

採りたて野菜を出荷しています。

 

キノコ王国 ブース

 

余市、岩内方面にドライブ方々、お寄りくださいね。

農場は、近くです。

TAOちゃんから金メダル

土曜日, 7月 30th, 2016

タオちゃんのはげまし

 

まほろば自然農園の福田チーフ。

彼の愛娘「多櫻(たお)」ちゃんから、

表彰されました。

「まほろばのぜんいんへ、

がんばるきもちに

金メダルの差し上げマス!

たお より」

ありがとう!たおちゃん!!

毎日、おとうさんの働く後姿を、

子供は見ているんですね。

福田くんは、根っからの働き者だから。

タオちゃん、いつの間にか、

こんなに大きく、こんなにかわいくなって。

ビックリ!!!

タオちゃんが、お父さんの励みです。

もっともっと、お父さんをほめてあげてね。

 

先人の努力・・・「北海道野菜史話」

土曜日, 7月 30th, 2016

先人の努力 記事

 

道新の森川論説委員が書かれたコラム「今日の話題」に、

野菜の固定種・在来種の歴史「北海道野菜史話」を書かれた一人、

中村満さんの苦労の思いを伝えている。

まほろばも、20年以上にわたって自家採種を続けて

まほろば自然農園の今日があります。

血涙の結晶である本が、各図書館に在るそうですので、お読みください。

http://www.asahi.com/area/hokkaido/articles/MTW20140901011300001.html

小松菜の七変化、パン&かまぼこ

月曜日, 5月 30th, 2016

ふりっぱー 1

地域新聞「ふりっぱー」6月号の

「地域の特産品がどろんと大変身!」コーナーで、

西区の特産品「小松菜」が紹介されました。

その加工品が、まほろばオリジナルとして発表されました。

フリッパー 2

 

生産者では、西区小別沢の漆崎さんが小松菜生産者として記事に。

農業委員会の札幌代表としても活躍され、

同じ地区のまほろばにもよくしてくれて、面倒見のいい優しい方です。

まほろば創業時にも、市場では、小松菜と言えば、

小別沢の皆さんの生産箱が、一杯出荷されていました。

その方々には、随分お世話になりました。

この場を借りて、お礼申し上げます。

小松菜 そうどう

 

そして、まほろば自然農園の小松菜を使ってのパン。

「小松菜のちぎりパン」と「小松菜のフォカッチャ」。

とっても人気で、本当においしいですよ!

そして、近所のかまぼこ屋さん「高坂さん」で作ってもらった

無添加「まほろば農園の小松菜揚げ」も美味美味!!

是非とも、地元の味わいを楽しんでくださいね。

山の幸、人の幸

水曜日, 9月 23rd, 2015

河合君 1

 

第6農場の森の中から出て来た河合さん。

昼休みに採って来た落葉茸を手にして。

私に会うなり、これをプレゼント。ありがとう!

 

河合君 2

今年は、福田チーフをはじめ、河合さん、池田さんの三人と、

高田さんと佐々木さんの助っ人。

あとは、ボランティアのみなさまだけ。

7町歩の畑を、たったこれだけの人数でこなすのは、至難の業だ。

 

河合君 3

 

それも、何も言わずに、黙々とこなしているからスゴイ!!

蔭のみんなの努力があって、こうしてまほろば農園野菜が運ばれる。

ありがとう!!!

おつかれさ~~ん!!!

SONY DSC

天然舞茸を山でget!!福田チーフ