まほろばblog

Archive for the ‘イベント’ Category

明日から「大酉の市」はじまりハジマリ!!!

金曜日, 12月 25th, 2015

torinoichi2015

映画「『AWAKE』 覚醒ヨガナンダの生涯」

日曜日, 12月 13th, 2015

AWAKE_poster_full_nocredits[1]

 

昨日、あるビルの掲示板にふと目をやると懐かしいヨガナンダの写真。

そこに、映画情報が掲載されていた。

「映画があったんだ!」

もう40年も前の話だ、ヨガナンダの伝記を読んだのは。

あの不死のいのち、ババチを知ったのもその頃だ。

日本では、戦前から三浦関造師がキリスト教徒でありながら、ヨガを実践普及し、

今でも珍しいクンダリーニヨガなどの本格的な瞑想的霊性ヨガを追及されていた。

「幸福への招待」などの著作も多く、竜王文庫は隠れたイニシエーションを伝えていた。

表舞台では、沖正弘先生の実践ヨガ全盛時代で、私も沖先生の生き様に惹かれた一人であった。

観念的、体育的ヨガでなく、専ら実生活にどのように取り入れてヨガを生かすかにあった。

日本の古道に通じるものがあり、何せあの中野学校上がりの猛者だから、

戦時中の波乱万丈の活躍は痛快小説を読むようで、要は理論やスタイルでなく人そのものであろう。

ヨガナンダの出現は、一世を風靡し、ことにアメリカでは一大センセーションを引き起こした。

それがベトナム戦争以降、ヨガや禅、チベット仏教、タオイズムなど東洋思想が雪崩のように伝わった。

その先駆者としてのヨガナンダ。

その全貌が、文字ではなく、映像として、もっと肉薄して説得されるであろう。

まだ、観てはいないが、大いに関心が注がれる映画である。

 

YouTube Preview Image

 

12月28日に、また上映されるそうです。

映画上映『AWAKE -The Life of Yogananda-』
“アウェイク:ヨガナンダの生涯” (仮題/日本語タイトル未定)

※追加上映決定! 12/28(月)19:00〜  会場:ヨガ・シャラ大通スタジオ

http://www.yoga-shala.jp/%E6%98%A0%E7%94%BB%E4%B8%8A%E6%98%A0%E3%80%8Eawake%E3%80%8F%E3%83%A8%E3%82%AC%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%80%E3%81%AE%E7%94%9F%E6%B6%AF-20151128/

(上記のスタジオの方とは面識もなく、申し込みが必要で、人数限定のようですので、ご自身でお問い合わせください。)

「覚醒:ヨガナンダの生涯 」は、1920年、西洋にヨガと瞑想をもたらした一人の東インドのスワミの型破りな伝記である。 パラマハンサ ヨガナンダは、霊性について書かれたものの代表的な作品「あるヨギの自叙伝」を著し、その本は世界中で何百万部と売れ続けており、今日、神を求める人、哲学者そしてヨガに熱心な人達の頼りとなっています。(スティーブ・ジョブズが自身のアイパッドに入れていた唯一の本だったと言う事は明らかにされています)
悟りへの彼自身の探求を個人的なものとして表し、その道においての非常な努力を分かち合うことによって、ヨガナンダは古代の教えを現代の読者にわかりやすいものとし、今日ヨガを行なっているアメリカ中の何百万人もの人達に道を開きました。

 

「トーク・バトル」inまほろば 新年16日

金曜日, 12月 11th, 2015

 トークバトル 1

    大事は、なにごとかのきっかけで起こる。
自然食と0-リングテストと専務まで、社長に
紹介して、今日「まほろば」があるのは、阿部
一理先生のご縁のお陰。
その阿部先生のCI食養時代の朋友が、武道家に
して整体師、そして哲学者の三枝龍生師。
その共通の知人が、富良野在住の環境保全家で
若手実践派の安藤豪敏氏。

 この3氏が三つ巴になって、16日の夜、トー
クバトルがまほろばの2階で繰り
広げられる。(さらに、三枝さ
んの幼馴染で小中学校の同級生
が、今年「レコード大賞優秀
アルバム賞」を受賞された
アーティストの大貫妙子さん。
そして、阿部先生の知人でもある。
当日、札幌時々在住の大貫さんが、同級生の三枝さんの
話を聴きに、ひょっこり現れて壇上へのハプニングがあ
るかも……? そうなれば四つ巴!!!)

  これは、掛け値なしで面白い!!!
こんなことがあっていいのか位の顔合わせ。
 講演形式を取っ払って、最初から互いが本音
をさらけ出す乱闘劇場「トークバトル」。

  食に、整体に、環境に、芸術に、と思いの丈を語
って頂き、その飛び散る火花で、己が隠されし灯
芯に点火されれば、これは望外の本望!!!
この集いが「目覚めの会」ともなれば、共演者
の願うところ、これに過ぎるものはなし!!!!

                     まほろば主人

 

トークバトル 2

「自家発電」電気をつくろう!!

水曜日, 12月 2nd, 2015

自家発電

心音道

火曜日, 11月 3rd, 2015

心音道

 

先日、まほろばで行われた札幌パワースポット案内の大谷さん。

その大谷さんの従姉妹に当たる方が、サウンドセラピストのAikaさん。

そのレッスンを札幌・小樽で行う企画を、大谷さんの「札幌風水心音道」で立てました。

もし参加ご希望の方があれば、直接お申し込みください。

 

aika

 

「Hopi]平和の民からの伝言

水曜日, 10月 21st, 2015

ホピB

 

天川 彩です。

私は、作家であり自然派プロデューサーでもあるのですが、
国内外問わず、太古より人間が大切にしてきているものを
現代に繋ぐことをテーマとして仕事をしております。
アリゾナに住む、平和の民と呼ばれる「HOPI族」との関わりも、
そんな中で20年近く続いており、昨年、
縁あってホピ族の専門店を都内でオープンさせたことから、
現在は各地で彼等から預かった映像やメッセージを交えての
講演会をさせていただく機会が増えてまいりました。
そんな中、今年2月に、オホーツクに呼ばれ講演会をさせていただいた折、
札幌に住む同級生の友人も聞きに来てくれたことから、
札幌でも是非にということで、今月31日(土)、
教育文化会館で講演会を催することになりました。
どうぞ、みなさまお越しくださいませ。
ホピA

Tint 大貫さんコンサート

火曜日, 10月 6th, 2015

CEsx0AJUkAElWIA[1]

大貫妙子と小松亮太コンサートツアー Tint

大貫妙子さんのコンサートが、10日(土)に、道新ホールで開かれます。

15年来の親交を持つバンドネオン奏者の小松亮太さんとのジョイント。

6月に「Tint」というアルバムを発売した記念の全国コンサートツアー。

開演時間が4:00から、まだ残席わずかに。

12088444_638437006299456_821870211414074447_n[1]

 

大貫妙子 記事

 

スローフードin北海道 Terra madre Japan

土曜日, 9月 19th, 2015

スローフード 1 スローフード 2

「春の便り」~能『巣鴨塚』~

金曜日, 9月 18th, 2015

春の頼り 1

「春の便り」は、実はあの「ハルノート」から来ています。

杉本博司氏の長年、心に温めて来た「東京裁判」についての思いを、

一曲の能に託して構成・演出・出演と八面六臂の活躍で、

かつてない朗読劇を行います。

朗読は、余喜美子さん。

支えるは、シテ方・笛・鼓などのみなさま。

この能「巣鴨塚」が、タイムリーにも、

安保法案で沸く今の国内で初演される意義は大きい。

現代の「平家物語」が、未来の「平家物語」とならぬよう、

今の時を見つめたいと思う。

http://www.owlspot.jp/performance/151111.html

http://www.odawara-af.com/jp/information/20150811post-30.html

春の頼り 2

「三茶三味」義太夫三味線を聴く

金曜日, 9月 18th, 2015

等伯

 

http://setagaya-pt.jp/performances/20151023-2779-2.html

ニューヨーク在住の銀塩写真家で内外の古典芸能に精通されている

杉本博司氏の「杉本文楽・曽根崎心中 観音廻り」。

好評を博したこの傑作に続き、この度人間国宝・鶴沢清治氏を迎えての

三部構成、三味線音楽で構成される「三茶三味」を東京にて上演します。

銀河観音の嵯知さんを通じて、杉本さんの片腕、足立寛さんからの

お知らせがありました。

彼から、直に裏側の苦労話を聞き、心に迫るものがありました。

関東在住の方々、もしよろしければ、足をお運び戴ければ、幸いです。

http://www.odawara-af.com/media/150731.pdf

三茶三味 1

三茶三味 2