まほろばblog

Archive for the ‘未分類’ Category

辻信一先生、 緊急来札! 11/28(火) 「スローライフ・カフェ in まほろば」 を急遽開催します!!

水曜日, 11月 22nd, 2017

先週、突然辻さんからこんなメールが宮下に届き ました。

宮下さん、 先日は、遠いところをわざわざ東京のフォーラムに出てくださって、本当にありがとうございまし た。10月末から、ずっとツアーのような状態が昨日まで続きましたが、やっと一段落しました。疲れましたが、何か、いい気分です。宮下さんにそこに関わっていただけたこと、うれしく思います。

さっきもゼミの学生たちから、感想をきいていて、 みな心を揺さぶられる経験をしていることを知っ て、ああ、やってよかった、と。 学生たちに、言ったんです。

世間ではほとんどの人がぼくたちのフォーラムを みて、そして君たちの感動について、「そうは言っても、現実は・・・」と、冷ややかに、シニカルに反応するだろう。そういう「現実主義」がはびこっ ている。でも、そんなことを気にする必要はない。 彼らの言う「現実主義」こそが、世界中に、環境破壊をはじめとする数々の危機を生み出し、今で は、君たち若い世代の、そしてこれから生まれてくる世代の未来を破壊しようとしているじゃない か。

だったら、そんな現実主義なんか、さっさと捨てて、「そうは言っても」の「そう」をこそ、語 ろうじゃないか。私はこういきたい、人間らしく生きるとはこういうことだ、こんな世界に生きたい・・・という夢をどんどん描いていこうじゃな いか・・・

終わったばかりの世界フォーラムに集ったゲストの、そして参加者たちの多くが、「非現実的」と揶揄されたり、バカにされたりしながら、世界のあちこちで、「他に選択肢はない」と言われてきた「お 金」「成長」「開発」「グローバル化」「市場」といっ た物語とは、まったく違う物語を、語り、そして現実世界で実践し、すでに多くの成果を上げてき た人たちなのだ、と。

すみません、ゼミのあとで、つい興奮してずらずら書いてしまいました。

明日は、オシとスウェの会でしょうか。これも本 当にありがたいです。 この二人にぼくはすっかり惚れ込んでいます。すでに、ぼくのやってきた「アジアの叡智」シリー ズで、彼らとその父親のことを映像にすることにして、次回は1月末に彼らの村に行くつもりです。

さて、本題です。お会いした時に言ったと思いますが、今月27日に北海道に行って、善了寺の住 職とともに、夜日高でお話しさせてもらいます。 28日はべてるの家に寄れるといいな、と思っているくらいで、あとは何も入れていません。帰りは 29日の3時千歳空港発の飛行機です。

28日夜は宿泊先も決めていません。 もし、宮下さんとおあいできるようなら、それに合わせて決めたいと思っています。 いかがでしょうか。こんな間際ですから、ご都合が悪くても、驚きませんので、ご遠慮なく、おっしゃってください。 では、明日どうぞよろしくお願いします。

 

・・・というわけで、辻さんとスローカフェのある善了 寺のご住職を囲んで、世界中で胎動を始めた新し い物語の小さな光を分かち合いたいと思います。
いっしょに懐かしい未来をのぞき見しませんか?

(まほろば編集部 島田)

 

 

●辻 信一

文化人類学者。環境運動家。明治学院大学国際学部教員。「スローライフ」「GNH」「キャ ンドルナイト」などをキーワードに環境=文化運動を進める一方、環境共生型の「ス ロー・ビジネス」にも取り組んできた。東日本大震 災以後は、「ポスト311を創る」キャンペーンを 展開。 著書に『スロー・イズ・ビューティフル』(平 凡社)、ゆっくりノートブックシリーズ(全8巻、 大月書店)、『ナマケモノ教授のぶらぶら人類学』 (SOKEIパブリック)など多数。 最新刊は、『「しない こと」リストのすすめ~人生を豊かにする引き算の 発想』(ポプラ社)。 2009年より、DVDシリーズ「ア ジアの英知」現在第4巻まで刊行)を手掛ける。

 

●成田智信

浄土真宗本願寺派の寺院「善了寺」 住職。天 福元年(1233年)、江戸麻布・善福寺の釈了 海の弟子「釈了全」により開山。現住職であ る第18 世釈智信は、平成9 年(1997 年)4 月1 日に住職を継承。長い歴史の重みを感 じながら、地域に開かれたお寺としてご門 徒様と共に、デイサービスをはじめ、ヨガ サービス、落語会、演奏会、上映会など、 高齢者から学生・子供まで幅広い年齢層への イベント活動も積極的に展開している。

 

いよいよ間近、レイジーマン(なまけもの)の集い!!

火曜日, 11月 14th, 2017

 

●11月11日、12日と東京で開催された「しあわせの経済」世界フォーラム。
「ローカル・イズ・ビューティフル」を掲げて、日本で初めて解されるこの会議には、13の国と地域から30名を超えるゲストが集い、グローバル経済が世界中に深刻な問題を引き起こす中、それにかわる「ローカリゼーション」という流れについて、その思想に触れ、具体的な取り組みに学ぶ二日間でした。

●フォーラムの後、タイ、カレン族のスウェさんとオシさんは北海道に!
カレンに伝わる民話「ナマケモノ(カレン版「ものぐさ太郎」)」の教えに学び、水源や森を守ること、カレンとして生きることが自分たちの暮らしを豊かにすると語る若者2人のお話を聞く会を、まほろばさんに設けていただきました。

●「現在の、大企業だけのためのグローバル経済から、すべての人々のためのローカル経済への大転換なしに、未来はないと思っています。なんとか、「ローカリゼーション」という流れを日本でもつくりたい」とコメントするのは文化人類学者の辻信一さん。スローでローカルでハッピーな新しい経済の担い手たちに会える貴重なチャンスです。

●当日は、スウェさんにエリクサーの水でコーヒーを淹れていただき、みなさんで飲んでいただく予定です。どうぞお楽しみに!

(ナマケモノ倶楽部 馬場直子)

 

現地の青年から直接お話を聞くことのできるめったにないチャンスです!!

自然とともに、伝統的な暮らしを大切にしたローカルな、本来の自分たちらしい生き方が、村を活性化させたその事例は、きっとこれからの私たちにも参考になる事でしょう。

「懐かしき未来」へのヒントがキラリと垣間見える会になればいいなと思っています。

下記、辻先生の紹介文もぜひご覧ください。

『レイジーマン・コーヒー物語』 辻 信一

 

当日彼らが淹れてくれる200%オーガニックの「レイジーマンコーヒー」を飲みながら、平和な暮らしに思いをはせてみませんか?

ぜひあなたのご参加をお待ちしています。

(まほろば 島田)

感謝、感謝の感謝デー

土曜日, 11月 4th, 2017

あいにくの曇り空の中、今日もたくさんのお客様にご来店いただき、ありがとうございます。

厚別店の様子

深海力のケニングコーポレーションさん(今日は本店です)

 

ゼンケンさん(本日は厚別店で)

 

布ナプキンのウカウカさん(本店)

 

本店2階では、伊勢さんの素敵な写真展をお楽しみください。今回のテーマは「空気感」だそうです。
伊勢さんがいらっしゃるときは、スライドショーと生ギターの演奏が聴けるかも?

 

皆様のご来店、お待ちしておりま~す!!

 

 

10月の感謝デー、開催中!!

土曜日, 10月 7th, 2017

ただいま、10月の感謝デー、開催中です!!

今回は秋の大収穫祭、

はるばる鵡川よりオーガニックピザのOLHA2号が登場!!

アサクラさんの絶品オイルと古代小麦パスタ!!

 

 

 

乾燥が気になるこれからの季節、お肌しっとりαリノレン酸たっぷりの馬油はいかが?

 

ミスユニバースもご愛用、青パパイヤ酵素。
ミライエの嘉納さん(中央左)がご来店、ご案内させていただいています!

 

では、では、皆様のご来店、お待ちしてま~す!!

 

感謝デー開催中!

土曜日, 9月 2nd, 2017

ただいま9月の感謝デー開催中です!!

今日は昨日に引き続き、函館からはるばる来たぜ、エヌハーベストさん。

相変わらず漫才みたいに面白いお父さんとお母さん。

 

そして、こちらも昨日に引き続き、香遊生活さん。

有機のハーブティー各種を試飲頂いています。

 

厚別店では日欧商事さんに来ていただいています!!

特売品、盛りだくさんで、皆様のご来店をお待ちしていま~~す。

 

ti-tie(チッチ)のチーズケーキづくりに挑戦!

水曜日, 8月 30th, 2017

去る、7月26日(水)にまほろばの従業員慰安で食事会がありました。場所はなんと、余市川の河川敷!まほろば自然農園仁木農場のすぐ隣でバーベキューをしました。詳細は、バックヤード主任・小島さんのレポートに譲りますが、従業員の子供達も参加して、大変賑やかな食事会となりました。

ti-tie(チッチ)をつくっていると、色々なアイディアが浮かんで来ます。あれこれとチーズ日記に記しては、いつかやってみよう!と思うのですが、忙しい毎日、なかなか実践するところまでたどり着かずに歯痒い思いをしています。また、雪の無い今の時期は、家庭菜園がとっても楽しく、力を注いでいるので、ti-tie(チッチ)の研究はあまり進んでいません。0-1テストで肥料設計し、植物の声を聴いて成長を見守ってみたい。植物がその一生を謳歌するには?と、色々と想いを巡らせながら自分なりの農法を模索するのは楽しいものです。これは一生遊べる趣味だな!と、長い目で興味の限りを追及しています。きっと、畑での0-1テストの実践もti-tie(チッチ)づくりとどこかで繋がってくるのでしょう。

ti-tie(チッチ)を使ったチーズケーキは、今年の春ごろからアイディアとしてありました。なかなかタイミングが無く実践できずにいたのですが、今回、従業員慰安の食事会ということで、この機会にチーズケーキをつくって皆に食べてもらいたい!と思い立ちました。結果的には、食材盛りだくさん、イベント盛りだくさんの食事会で、突然のゲスト登場などもあり、チーズケーキを披露する機会は持てませんでしたが、幸い、食事会の後仁木の社長宅に残った社長・顧問と農園の池田さん、福田さん親子には試食してもうらうことができました。他の皆には、そのうち試作品第二弾を試食してもらえればと思っています。

ここに、ti-tie(チッチ)を使ったチーズケーキのレシピを記します。皆様、もし興味がありましたらつくってみて下さい。

社長宅にて

 

○ti-tie(チッチ)の原材料

・牛乳(今回は、旭川の斉藤牧場の牛乳を使いました)

・エリクサー水(牛乳に対して20%程度の量)

牛乳に対して、20~30%程度のチーズが仕上がりますので、必要量に応じて牛乳を用意して下さい。

※ti-tie(チッチ)って何?つくり方は?という方は

「まほろばだより5月号」掲載の「ti-tieチッチ職人登場!!~ti-tie(チッチ)ができるまで~」

を参照下さい。カラー印刷したものが、店内の冊子置き場にもございます。

 

○「ti-tie(チッチ)チーズケーキ」レシピ

『オーブンの天板一枚分(25×25cm)でつくる場合』

【材料】

・ti-tie(チッチ)500g

・ヨーグルト500g

・薄力粉100g

・レモン汁大さじ6

・卵6

・てん菜糖140g

・グラハムクッキー適量

・溶かしバター適量

【手順】

①グラハムクッキーを砕いて溶かしバターを混ぜ、オーブンシートを敷いた型に敷き詰め     る。

②大きなボウルに残りの材料を全て入れ、ハンドミキサーで緩やかに攪拌する。全てよく混ざれば泡立てなくても良い。

③型に静かに流し込み、170℃に余熱したオーブンで50分ほど焼く。表面にほどよく焦げ目がつき、中まで火が通ればOK。型のまま粗熱を取り、可能なら一晩冷蔵庫で冷やす。

④食べる直前にお好みで七五三塩(分量外)を振りかける。(味がグッと締まります)

 

『パウンド型(12×8cm)でつくる場合』

※つくり易いサイズです!

【材料】

・ti-tie(チッチ)80g

・ヨーグルト80g

・薄力粉大さじ2

・レモン汁小さじ1

・卵1

・てん菜糖25g

・グラハムクッキー適量

・溶かしバター適量

【手順】

型に流し込み、170℃で40分ほど焼いて下さい。以降は、上記のレシピと同じです。

 

『グラハムクッキー生地の作り方』

※オーブンの天板一枚分(25×25cm)の場合

【材料】

・薄力粉120g

・全粒粉120g

・塩ふたつまみ

・ココナッツ油(オリーブ油)大さじ4

・メープルシロップ大さじ4

【手順】

①ボウルに粉類と塩を入れて手で混ぜる

②ココナッツ油(液状にしてから)を入れて手でサラサラになるまですり混ぜる。

③メープルシロップを加えてさらに混ぜ、ゴムベラでひとまとめにする。まとまらない時は、メープルシロップ、油、豆乳または牛乳などを少量ずつ加える。

④オーブンシートの上にひとまとめにした生地をのせ、ラップをかけて、その上から手や綿棒などで5〜8㎜程度に伸ばす。(お好みでクラッカーやクッキーのように形成してもよい)

⑤170℃に余熱したオーブンで30分、うっすら焼き色がつくまで焼き、天板にのせたままで冷ます

 

まほろばだよりにてti-tie(チッチ)のつくり方を掲載させて頂いて、その後何人かのお客様から、「私も作ってみた!美味しかった!」など、予想以上に多くのお声かけを頂きました。皆さま、実際に自分でつくってみると、チーズを簡単に自分でつくることが出来る喜びやその美味しさに感動されたようで、とっても嬉しそうな笑顔で報告して下さいました。また、実際につくったti-tie(チッチ)を持ってきて下さる方もいて、その出来栄えに私も驚きました。興味深いのは、同じレシピを見てもつくる人が違えば、まったく違う風味や食感になるということ。美味しいチーズのイメージは、人それぞれ。つくる環境も、菌も、何もかもが違う。つくる人の数だけ、ti-tie(チッチ)がある。今後も、「私も作ってみた!」の声をお待ちしております!

 

 

 

まほろば店舗主任 齋藤恭兵

只今感謝デー開催中!

土曜日, 6月 10th, 2017

SONY DSC

深海力(あいざめ肝油)のケニングコーポレーションさん

SONY DSC

オーガニック&エシカルなグラノーラ、エルアンドエーカンパニーさん

eventkanshaday201706

 

6月の感謝デー、今月は1週遅れで明日まで開催中です!!

 

入学市?4月の感謝デー開催中!!

土曜日, 4月 8th, 2017

ただいま、4月感謝デー、大盛況開催中!!明日9日までですよ~~!!

kanshaday201704 DSCN0006 DSCN0007 DSCN0008

伊勢さんの「なんちゃってジャーニー」

土曜日, 3月 18th, 2017

nantyatte201703

 

知らない世界を見に来ませんか?

本店2F、まほろばビューティーでお馴染み、写真家・伊勢祥延さんの講演会、「なんちゃってジャーニー」3/25(土)18:00より、まほろば本店にて開催されます。

彼は、バングラディッシュにおける慈善活動「ブッダバンク」のプロジェクトリーダーとしても活躍中で、世界の辺境ばかり60か国以上も旅しているそうです。ときどき髪を切っていただきながら聞く話には目から鱗のことも多く、ぜひ一度皆様にも披露していただきたいと今回の企画となりました。

そんな旅の中で得た貴重な経験、短い人生、普通じゃ行けない国々の裏事情や美しい自然を、映像とスライドを交えながら、ゆる~くお話しいただきます。

たとえば、汚職と賄賂まみれの役人と戦って勝ち取ったケニア人の花嫁のお話や、恐怖のトイレ、エチオピア奥地の出来事、ぼったくられたイスタンブール、ベリーダンスの夜などなど・・・盛りだくさんです。

ぜひ一緒に現地へトリップしてみませんか?! (海外旅行でイザという時のお役に立つかもしれませんョ)

(By まほろば編集部 島田)

DATE

2017/3/25(土)18:00~20:00

PLACE

まほろば本店2F

Entrance fee

1,000円(チャリティーカレンダープレゼント付き)

TEL

011-665-6624(まほろば本店までお申し込み下さい)

Profile

伊勢祥延
美容師歴20年以上。中央区電車通りにてヘア‒メイクDRAWを14年間経営。その後マレーシアの首都クアラルンプールの有名店Chessにてジャパ ニーズスタイリストとして勤務、国際ヘア‒ショーで日本代表として参加経験を持つ。現在は主に写真家および慈善活動家として、バングラデシュにおけるブッダ・バンクのプロジェクトリーダーを兼ねる。

 

※講演会にお越しのお客様は臨時駐車場をご利用ください。

臨時P 靴流通センター

 

(おまけ)

伊勢さんの美容室のご案内です。

■美容師でもあり、写真家でもある伊勢さんが、まほろば本店2階で美容室『まほろばビューティー』をオープンします。 美容歴は20年以上のベテラン‼ 国際ヘアーショーで日本代表の経歴もお待ちです。現在は写真家としてバングラディッシュの人々を支援する活動に生命をかける伊勢さん。彼への支援を兼ねてその腕を存分に発揮していただく機会を設けました。 ぜひ皆さま、お立ち寄りください。(まほろば主人)

biyoushitu201703

ムソーさんのおせち試食会

土曜日, 11月 5th, 2016

ムソー営業部の村上さん、今回店頭でおせちの試食会を開催していただきました。さっそくセールスポイントをお聞きしました!

 

「伊達巻はお好みに合わせて2種類販売しております。「関西風」は甘さを控えてあっさりした味に!!「関東風」は関西風の約2.5倍の三温糖を使用ししっとりと甘く焼き上げました。また伊達巻きなのにすり身の配合が鶏卵より多いんです!!」

 

「田作りに関しては一度素揚げしてから調味してあるのでサクサクとした食感で召し上がりやすくさせて頂きました お子様にも好評頂いております。」

 

「黒煮豆におきましては丹波篠山産黒豆を職人の手で一粒一粒選別し天然の重曹を使ってふっくらやわらかく仕上げました。変色を抑える為の硫酸第一鉄は使用しておりません。」

 

「鮮度の良い素材と厳選した伝統製法の調味料を使っているからムソーのおせちは化学調味料、合成保存料、合成甘味料、発色剤、PH調整剤、酸化防止剤不使用にもこだわっております。」

 

年末年始は、ぜひムソーさんのおせちで、楽しいひと時をどうぞお過ごしください!!

 

DSC_0034 DSC_0030 DSC_0035