まほろばblog

大失敗のチラシ

10月 20th, 2020

 

月2回、まほろば2Fで「まほろばビューティー」としてヘアカットをしていただいている伊勢祥延(いせよしのぶ)さん。

今年春先に著書『仏陀バンクの挑戦』を出版されたものの、コロナが直撃。予定していた出版記念イベントが悉く叶いませんでした。

少し落ち着いた5月末よりボチボチとイベントを再開され、札幌市内でこの秋までに3度開催。コロナの様子を見つつ、このたび満を持してまほろば2Fでも開催の運びとなりました。

 

伊勢さんは、いつも見る美容師の顔とは別に、写真家、そしてブッダバンクのプロジェクトリーダーも務める多彩な方。また、ここ数年はミュージシャンとして目覚め、いつもカットの仕事が終わった後に、事務所仕事のBGMとして素敵な歌声を聞かせてくれています。

 

今回のイベントは、これまで撮りためた写真をスライドショーに構成して、そのBGMにご本人の歌声とギター演奏を聞かせてくれる運びとなっているとのこと。ちょうど2Fでヘアカットされているお客様に、さっそくまほろばでの開催決定をお知らせするため、なんとなくのイメージでサクッと作ったチラシを用意させていただきました。(本文最初に掲載のチラシです)

まほろばだよりにもそのままそのチラシを使わせていただいたのですが、配布後ふたを開けると予約がさっぱり‼
伊勢さんにお詫びしつつ、あらためてイベントへの想いをじっくり聞かせていただきました。

 

伊勢さんがお伝えしたいことは色々あるようすが、まずは、「どうしてブッダバンクに関わっているのか」を皆さんにお話しされているということでした。その思いの核心にあるのは、3.11の震災ボランティアで東北へ行った時の経験。それは「無条件の愛」といえるような体験だったと伊勢さんはおっしゃいます。

実は、震災以前からブッダバンクに関わっていたものの、心のどこかに「自分は良いことをしているんだ」というエゴのようなものが正直あったと言います。ところが震災の現場では、被災された方がヘアカットに行列を作り、皆さん口々に「ありがとう」と感謝の言葉を伝えてくれたのだそうです。

 

 

その時伊勢さんは「自分は倒れても良いからこの方々に奉仕しよう」という気持ちに包まれ、実際に朝から夜遅くまで、倒れるまでカットし続けます。この経験を、はじめて「無償の愛」を感じた瞬間だったと一言。

「今自分がこうして仏陀バンクに関わっているのは、その時の経験をもう一度味わいたいからだ、そしてそこに関わることが、あの経験に一番近い思いを抱けるからだ」、とおっしゃいます。

 

 

今回のイベントも、実はそんなことを皆さんにお伝えしながら、ブッダバンクに関わる中での苦労話を、皆さんに楽しく面白く、映像と音楽とトークのコラボレーションでお伝えしたいんだ、ということでした。

実際に、9月に開催された南区のイベントでは、そんな伊勢さんの想いが見ている方々に伝わった様子で、皆さん感動を共有していただいたそうです。

私が最初に作ったチラシには、そこのところがすっぽり抜けていました。伊勢さん、ごめんなさい…。

 

ということで、反省の弁を長々とお伝えしながら、来週末10月31日(土曜日)の伊勢さんのイベントへのお誘いを申し上げます。

コロナ禍でふたたび感染者が増えつつある中ではございますが、皆様感染対策・予防にご留意の上、ぜひ足をお運びいただければと思います。

心が温まるひと時をいっしょに過ごせたら幸いです。

(まほろば編集部 島田 浩)

 

 

冬も農作業します!!

10月 19th, 2020

冬季用ハウスを建てました!

骨組みが太いパイプでの組み立てで、今度は農家のプロに依頼しました。

50mの二重被覆ハウスです。

 

「その歳で、更に冬まで働くの?」って思われますが、

3か月休んだだけで、3月4月の立ち上がりが、かえって老体にはキツイんです。

それで、体が鈍(なま)らない程度に動くのに、菜っ葉なんか育てながら、と思った次第です。

暖房を使わなければいけない1月2月は休みます。

 

先日、援農隊の力を借りて、三つ葉、レタスの移植をやってもらいました。

瞬く間に、イノチが吹き込まれた感じです。

でも、植え付けが遅れたため、年末に間に合うかどうか心配です。

下手するとズレてお正月返上になったらどうしよう(笑)

 

ここでは、育苗も2,3月からすぐに取り組めます。

毎年2月、雪かきしてビニールをかけ、育苗資材を設置するのに大変な思いをします。

でも、ハウスが建っているともなれば、スタートが早められ、気が楽で、大助かりです。

本音は、ゆっくり休んで、旅でもして、イノチの洗濯をしたいな、と言う所ですが……。

このまま、あの世まで、働き詰めで逝くしかないですね(笑)。

 

 

 

「今の一日は、後に一週間の違いになる」と、言われています。

今日遅まきながら、ホーレン草と小松菜を撒きました。

無農薬リンゴは、簡単!?

10月 17th, 2020

  疾風(はやて)のように現れて、疾風のように去って行く「月光仮面」。

「発酵仮面」も何処からともなくやって来て、何時の間にか帰ってしまう(笑)。

小泉武夫先生が、例の如く突然やって来られました。

中玉トマトの摂り放題を、子供のようにはしゃいで取られ、

「夢のよう…、美味しい、美味しい」

と、ご満悦のご様子でした。

「無農薬でリンゴ出来たんですよ」と言うと、「どれ、どれ」と御覧になられ、

最後は、はいパチリで写真に納まりました。

2年目の今年も、無農薬で出来ました。ほとんど手を掛けないで出来ちゃうので、世間が騒ぐように、無農薬栽培は絶対不可能とか、「どうして言うのかしらん」と思うのです。春に0-1テストで施肥するだけで、全く何も手を掛けませんでした。(昨年書いた『りんごのゆめぢ』をご覧ください。内容を詳しく書いていますhttp://www.mahoroba-jp.net/…/top…/1_nouennikki201911.pdf

 

一般には、日持ちや着色、芯喰い虫対策用に袋掛けするのですが、広いリンゴ園では何十万個もかけるなんて気の遠くな

る重労働です。それに、今の袋は雨が浸透しないワックス仕様の殺虫殺菌剤(キャプタンやTPNダコニール等)を染み込ませている袋なので防除にもなるようです。昔国道36号線の月寒沿いに見られた新聞紙の袋掛けの光景が懐かしく思われますが、さすが今、新聞紙袋は見かけません、安全ですが。

 

ここでは「ロケット弾」と呼んでいますが、隣近所の果物農家が使っているSS(ステレオスプレーヤ/果樹園に農薬を散布し、消毒する機械)を使うと、いかにも農薬掛けています、と見られます。散布機を肩にかけて、何町歩も回るのもこれも重労働で大変なことです。ひと昔の化学殺菌剤などない時代、みな肩に手押しポンプを背負って、食酢で除菌したりしていましたが、今はどうなんでしょう。有機JAS法では、残念ですが、酢・木酢、重曹などの安全な資材でも「特定農薬」とレッテルを付けてしまいます。

 

それとまた、JASが認めているものに、殺虫剤トモノールSなどのマシン油乳剤、鉱物油がありますね。これは故福岡正信翁の『わら一本の革命』かに書かれていましたが、さすが翁のミカン栽培にもカイガラムシ対策に、これだけは使われていたみたいです。でも、入荷するミカンは虫痕だらけですが。日本では、自然・有機農法家でも、許される農薬が他にもあるんですね。

 

果樹農家ともなれば、蔬菜農家とは別な悩みが増えます。まほろばでは、出来る範囲で、果樹を少しずつ手掛けて行きたいな、と思っていますが、農薬だけは……。今まで農薬の使い方も、手に取ったこともないんです。

 

初めて薬師寺に入門した50年前、高田好胤管長さんが、旧ソ連での講演旅行を終えられ、自坊で初めて接見した時、ソ連のお土産で小っちゃなリンゴを下さったんですね。それが妙に今でも思い出され、日本の富士などに比べ、余りにも貧弱なのに驚いたものでした。

今思えば、それは原種か何かの無農薬物だったんでしょうね。仁木農園のも、明治時代にアメリカ・ミズリー州マッカムから来たので「マッカム」と言う名前が付いた原種ですが、それで病気に強いのかもしれない。でも、軸が短いので落下しやすい、枝傷や枝跡(茶色のがそれです)が残りやすいので、みな手放して今作る人は居ません。

これは自画自賛ですが、「こんなに、リンゴって美味しいものか」と、今年のマッカムの味、この70年間で一番おいしかったリンゴと思いました。ここの名前を「マッカム・ファーム」にしたいぐらいです(笑)。数が僅かで、店頭で飾っているだけで、申し訳ありません。今年、台木に5本「穂接ぎ」しましたので、お待ちください。

 

 今、まほろばで販売している「オーガニック・ストレート・ジュース」のクラウディ(無濾過)アップルジュース、ビックリするほどおいしくて、しかも安い(1L/780円(税別))。濃縮還元でない生汁の有機で、どうしてあれでやれるのかしらん、と思います。むそう商事さんにトルコの農園写真送ってもらいましたが、いかにも健康そうで、きっと品種改良で人の手を掛けていないのでしょうね。掛け過ぎると、虫も菌も群がって来るのでしょう。キット過ぎた甘さや肥大が、「異常!」との警告を告げているのかもしれません。湿気などの日本の気候風土の外的要因もあるのでしょうが、原種の持つパワーや自然性が、虫たちも納得しているのかもしれません。

 

何もかも、一度元に帰し、リセットし直せねばならない時代なのでしょうね。

 「農業セラピー/Agriculture Therapy」

10月 9th, 2020


9月30日(水)コロナ明けが少しづつ始まったのか、援農の方々が増え、

15人もの方が来園されました。

三密も何のその、マスクも畑では外して、

広い空の大気をオモッキリ吸って、実に楽しそう。

何か、心から嬉しそうで、どうしてかナ?と思っていました。

 

二回目援農の吉村さんが引率して来られた6名。

中には、天塩や旭川から、ワザワザ駆けつけていらしたとか。

みなさん、吉村さんの愛すべき生徒さんたち!

ウン?

 

知らなかった。

吉村洸美さんは、20年もの間続けていらっしゃる

「吉村カウンセリング研究所」の所長さんでした。http://www.yoshimura-c.net/

「エドガーケーシー療法」や「インナーチャイルドワーク」

その他の療法を取り入れて、多くの心悩める方々をケアされて来ました。

学ばれたみなさま、その喜びに満たされて、

更にこの大地に足を踏み入れてエネルギーを一杯吸い込んで、

お帰りになられました。

「農業セラピー」があってイイな、と思いました。

母なる大地こそ、心身を浄化する最高・最大のメソッドではないでしょうか。

何をしなくても、そのままで畑が癒してくれる。直してくれる。

そんなセラピー、ヒーリングが叶える農場であってもいいですね。

夢が増えました。

当日は、「へうげ味噌」「新醤」の材料、豆たちを収穫してくれました。

 

花豆、金時、銀手亡、パンダ、桜などなど。

何とコンテナに23籠も。大助かりです。

こちらも、感謝で一杯いっぱい!

また「農業セラピー」にどうぞ。

まほろばだより10月号、更新しました!

10月 8th, 2020

お待たせしました。10月号アップいたしました!!

今月はトップに会長の「倭史―その1 故郷も逝きますか」を掲載。続く顧問の「まほろば自然農園だより」と共に、日本と世界の行く末に深く思いを寄せた一文となっています。

また、社長の大橋よりコーヒー焙煎機シリーズ第2段、「いろいろ焙煎中です」が。

また復刊された『自然医食』誌には、会長の森下敬一先生への「追悼文」や、顧問の「コロナ特集」が巻頭カラーページで紹介されています。

その他、新米や漬物大根、甘い水のトマトジュース、ヘナや伊勢さんのイベント等々、今月も盛りだくさんの内容になっています。

ぜひご覧ください。

まほろばだより10月号

(まほろば編集部)

10月の感謝デー「豊受市」開催中です!!

10月 3rd, 2020

ただいま、10月の感謝デーを開催中です!!

期間は、10/2(金)~4(日)の三日間。
配達、発送をご利用のお客様は、10/5~10(土)が対象となります。
(配達:5~10日の各配達日。発送:5~10日の期間内にご注文)

本日は、ナチュラル馬油でおなじみの「日本創建」本村さんが、馬油を中心とするスキンケア商品のご紹介にいらっしゃいました!

明日も引き続き、本店の店頭に立って下さいます!

まほろばの食材や調味料だけを使った、安心・安全なお惣菜! 今日も充実しております♪

仁木町のまほろば自然農園からも、様々な野菜が入荷中!

レッドマスタード、炒め物におすすめ! ほんのり辛味があって食欲をそそります。

まほろばの新作パンが店頭に並んでおります!!

鮮魚も充実!!!

店内賑わっておりますが、皆さまのご協力によりスムーズに流れております。ありがとうございます。

皆さまの健康を願って、従業員一同ご来店を心よりお待ち申し上げております。

10月の感謝デーを開催いたしま~す♪

9月 26th, 2020

10/2(金)~4(日)の3日間、10月の感謝デーを開催いたします!

期間中は、閉店時間が19時となります。

 

市内配達をご利用の方は、10/5(月)~10(土)の各配達日が対象に、

地方発送も、10/5(月)~10(土)期間内での受付分が対象となります。

 

今回は、ナチュラル馬油でおなじみの「日本創建」本村さん、

そして、青パパイヤ酵素でおなじみの「オルネ」嘉納さんが、商品説明&販売にいらっしゃいます!!

新型コロナウイルスにもできる限りの対策をとって、お待ちしております。

 

感謝デーのチラシは、店頭にて配布中!

今回も、お買い得品盛りだくさんで、皆さまのすこやかな暮らしに貢献してできるよう、

従業員一同、元気にお待ちしております!!

海の悪魔

9月 22nd, 2020

海の悪魔

↑ 海の悪魔登場!!

タケさんに捌かれないうちに、ぜひ店頭でご覧ください。

 

9月の感謝デー「有難い・し・き市」を開催中です!!

9月 4th, 2020

本日より三日間(9/4~6)、9月の感謝デーを開催いたします!!

新型コロナウイルス拡大防止に努め、対策をとりながらの開催となります。

配達、発送をご利用のお客様は、9/7~12が対象となります。

 

 

本日は、オフィスMCグローバルの丸谷さんと、ピエロのぐっちさんによる、「ランドリーナッツ、OGコットンマルチバッグ販売&バルーンプレゼント」を行っております。

三密を避けるため、ぐっちさんはピエロの衣装にならず、まほろばの2階にてひたすらバルーンを制作して下さっています。

ぐっちさんは、2000年にかねてからの憧れの地北海道に、関東から移住されました。子供の頃から人を笑わせるのが大好きで、それを仕事にしたいという事でピエロの仕事を始められ、今まで作ったバルーンの種類は600を超え、お客様の年齢層などに合わせて作られるそうです。

今回は、ピエロとしての登場はありませんが、またお目にかかれることを期待しておりま~す!

 

 

 

まほろば自然農園の野菜が、各種入荷しております!

旬の南瓜、ごぼう、人参、生命力が高く安心安全な、新物やさいの味をお確かめくださ~い!!

 

季節の果物も充実です♪

 

小別沢の濃い農家「かわいふぁ~む」さんより、ほうれん草が入荷しています!

 

鮮魚も充実です!!

 

旭川の甘い水農園さんより、青肉メロンが入荷中! 美味しいですよ♪

 

 

店内、賑わっておりま~す!!

 

 

コロナ禍のなか、皆さまの心身の健康に少しでも貢献できますよう、努めて参ります。

従業員一同、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

9月の感謝デーを開催いたします!!

8月 29th, 2020

9月の感謝デーを開催いたします!!

 

期間は、9/4(金)~6(日)の三日間。

期間中は、閉店時間が19時となります。

 

市内配達をご利用の方は、9/7(月)~12(土)の期間中が対象に、

地方発送の受付も、9/7(月)~12(土)が対象となります。

 

感謝デー初日の9/4(金)には、札幌市内のイベントプランナー「オフィスMCグローバル」の丸谷さんが、

環境にやさしいお洗濯の「ランドリーナッツの販売」&「バルーンプレゼント」を行います!

新型コロナウイルス対策にも万全を期して、お待ちしております。

 

今回も、お買い得品盛りだくさんで、皆さまのすこやかな暮らしに貢献してできるよう、

従業員一同、元気にお待ちしております!!