まほろばblog

「超能力微生物」はスゴイ!!!

4月 14th, 2017

先日、発酵学者・小泉武夫先生と仲間で会食した際、

「16日に『超能力微生物』の新書が出るんですよ。

それは、こうこう、これは、それそれ・・・・・・」

とお話しくださり、これは面白い、是非読まなきゃ!となる内容。

先生自らお書きになった要約を以下に・・・・・・。

 

51mCtIu1jbL._SX312_BO1,204,203,200_

 

 

くさいが美味い!  小さいがしぶとい!
酵母、細菌、カビの神パワーに発酵仮面が迫る!!

古来から日本人は、麹(酒)、味噌、醤油など、微生物のはたらきを利用した食品を大切にしてきた。

発酵によってアミノ酸など「うまみ成分」が増し、保存期間も長くなる。

また、健康維持に「腸内細菌」が大きな役割を果たしていることも近年わかってきた。

まさに人類は、微生物に支えられて生きてきたのである。
それだけではない。

この地球上には人類が考えもつかないような“超能力”をもった微生物が、

まだまだ無数に存在していることが明らかになってきた。
たとえば、100℃以上の熱湯中に生きる微生物、

超高濃度の塩水(死海)に生息する微生物、

硫酸なみの強酸や強力放射能を浴びても死滅しない微生物……。
しかも、人類に天の恵みをもたらしてくれる微生物も続々発見されている。
動物性脂肪を植物性油脂に変換する微生物、

天然希少香料を醸す微生物、

汚染物質や有毒化学物質を分解してしまう微生物、

天然資源(レアメタル)のありかを探し出す微生物……。

もちろん、新たな抗生物質、特効薬を作り出すのも微生物だし、

食糧難を解決してくれる可能性さえ秘めている。

分子生物学の進歩によって、「ゲノム編集」「遺伝子組み換え」がブームだ。

しかし、人為的にDNAを組み換えてわけのわからない生物をつくるより、

自然界にまだまだ人知れず存在する“超能力微生物”を見つけ出してきて利用するほうが、

はるかにエコロジカルかつ合理的ではないか。

驚愕の「微生物グルメ」のエピソードも満載!
味覚を刺激されつつサイエンスのミステリーにせまる「発酵仮面」の真骨頂ここにあり!

 

小泉語録

 

お話の中で、とても大切なことを示された。

東京農大の教授になったのが、37歳の若さ。

それ以後、論文を書く必要がなかった。

それで、現場主義の実学者となれたのである。

つまり、現代は遺伝子解析など論文のため、

みな上記の分子生物学に走り、足で事実を検証する実学がなくなった。

そして、それがなければ、認められなくなった学会。

架空の人工物に走らざるを得なくなったとさえ言える。

その隙間を、先生は独り我が道を行き、

実際、存在する微生物を探し研究し利用することで、

現実世界にフィールドバックするを常とされた。

それが、今の世の中が、これほど発酵ブームに関わらず、

発酵学者が小泉先生お独りになったという経緯なのだ。

 

そして、カバンから一本の細いサインペンを差し出された。

これで、毎日4時半に起きて身を清めて執筆されるという。

140何冊の著作、皆自筆で書き直し無し(まるで、モーツアルト!)。

筆を握る指と手に、言霊が宿る。

マウスやキーボードでは、心が伝わらない、と。

 

そんなアナログ精神こそ、

アナログな生身の微生物と心を通わすことが出来るのだ!!!

最先端の技術と情報を追い求める余り、

私達は、大切な何かを失っているのではなかろうか。

自然は、自分の足元にこそ、答があると説いてくれる。。

 

麻墨「玄牝」が画龍点睛に!

4月 13th, 2017

SONY DSC

今朝から、小別沢の農園に雪が降り続く。

ハウスでローザビアンカ茄子の苗の種おろしをしていると、

突然、札幌プロパテイの佐藤武彦社長より電話があった。

「今、法輪閣で、村井紘一さんという若き画家が、

京都のお寺の依頼で、天井の龍を描いている。

最後の画龍点睛に、あの麻墨『玄牝』を使うので、

是非見に来てもらいたい」との由。

2週間以上も、店にも出れない状況の中、

不思議とその時間だけ、ポカッと空いた。

早速、季節外れの雪の中、豊平橋まで急ぐ。

 

龍画 2

 

ワンフローア開けっ広げにされた中の大画面に、

大龍が四方の青龍、朱雀、白虎、玄武の四神霊獣を従えて、

麻紙に滲む漆黒の雲の中から現れ出でる。

最後の墨付けを見られなかったが、完成を見届けたい。

札幌発の奈良古梅園の麻墨と札幌出身の水墨画家が京古寺への献納。

新しき大地から古き歴史へ、古き文化から新しき次代を開く。

若きアーティストよ、世界にハバタケ!!!

 

入学市?4月の感謝デー開催中!!

4月 8th, 2017

ただいま、4月感謝デー、大盛況開催中!!明日9日までですよ~~!!

kanshaday201704 DSCN0006 DSCN0007 DSCN0008

「徐福会」で、お話し

3月 24th, 2017

「第4回 神奈川徐福研究会 総会の開催」

2017年度、事業における総会を約一時間開き、

2時半より3名の講師によるミニセミナーを開催いたします。

ふるってご参加ください。

日本徐福会会長 /神奈川徐福会研究会会長 田島孝子

 

日時:2017年4月19日(水)

   14時30分~16時30分

場所:神奈川県民センター7階 711号室

参加費:無料

 

壱岐一郎

 

① 「妙善寺・福岡家青山によせて」

数百年の徐福人人口増加を随筆風にお話し頂きます。

古代史家:壱岐一郎 元沖縄大学人文学部教授

② 「最新・最強の健康法」

健康指導家:阿部一理

③ 「徐福とエリクサー」

まほろば主人:宮下周平

 

参加希望者は、事務担当 伊藤健二まで、090-6500-3950に申し込みを。

http://xufu.sakura.ne.jp/framepage2.html

『古琴』演奏、社長室で

3月 22nd, 2017

古琴 DVD 映像

 

昨冬、文部科学省指導「中学生の音楽鑑賞」1年生用の

DVD制作の為、監修者がまほろばに来店されました。

その世界の音楽「日本とアジアの音楽篇」紹介の為、

国内の第一人者、札幌在住の古琴研究家・

山寺美紀子さんの演奏を社長室で録画しました。

 

古琴 DVD

 

中国の古琴「七弦琴」は、世界最古と言われるほど歴史が古く、

孔子や諸葛孔明など歴史上の人物が愛してやまなかった知性の楽器でもありました。

 

続倭詩 表紙

 

その詳しいことは、新刊『続倭詩』二章の

「吾(われ)は汝(な)を引き、汝(なれ)は吾(あ)を選(よ)る」

をお読みください。

古琴のいわれから、山寺さんとの出会い、

そして多くの方々との繋がりを描きました。
続倭詩 古琴 1

 

続倭詩 古琴 2

 

著作権の問題で、山寺さんの演奏を流すことは出来ませんが、

YouTubeで、我が心の師「管平湖」先生の演奏が聴かれます。

あの『赤壁/レッドクリフ』の映画で、諸葛亮と周瑜が演奏した

「廣陵散」と「流水」を聴くことが出来ます。

最近は、欧米でも愛好者が増え、東洋文化を解する人々が増えて来ました。

この名曲「流水」を、山寺さんは演奏しておりますが、

その代わりに、現代女流演奏家による動画をご覧ください。

映画「アイヌ姉妹の物語」&LIVE「SIKNU/シクヌ」

3月 22nd, 2017

sinuku 1
sinuku 2

ムックリ二重奏

阿寒と関東で長くアイヌの唄い手として活躍されている

床エミさんと郷右近富貴子さんの姉妹ユニット、

『kapiw & appapo (カピウ & アパッポ)~アイヌ姉妹の物語~』

の映画が完成、シアターキノで上映されます。

まほろばでは、やんじーの「うさと展」のお手伝いや、

大井和佳子さんとの交流を通しての知り合いでもあります。

どうぞ、4月2日にはライブもございますので、

キノさんにお越しください。

「うさと展」と「超絶ムックリ」

 

sikunu 3

シクヌ 4

緊急告知!詐欺サイト!!

3月 21st, 2017

緊急にお知らせ!!

お客様からの連絡で、

こちらのサイトで当社の製品が掲載されておりますが、

詐欺サイトと思われますのでご注意ください。

http://www.viyoushop.top/index.php…

 

詐欺サイト

「紅景天」入荷!『アルカヌム』近々再販売!!

3月 20th, 2017

紅景天 2

 

今朝、漸くの事、チベットから「紅景天」が届いた。

長らくまほろばオリジナルサプリメント『アルカヌム』が欠品している。

原因は、材料調達がままならないためだ。

殊に、秘境チベット高原の薬草が、

世界中から買いに刺さって乱獲状態で、高騰するばかりだ。

もう一つの『ユットク』の素材、「冬虫夏草」は150万円/㎏と、

一挙に跳ね上がって、しかも入手困難な状況が続いている。

 

紅景天 3

 

これまでは、比較的入手と単価が手頃な為、

易々と製造して来れたが、これからは難しい時代に入るだろう。

それにしても「紅景天」のいかにもゴツゴツした、

チベットの高嶺と風を思い起こせる材料の、何と力強く、神秘的なのだろうか。
16742550

青海省のゴルムドを訪ねた時、一挙に上ったため、図らずも高山病に罹った。

ホテルで、2日間寝込んだことを思い出す。

その時、処方されたのが、この「紅景天」だった。

エベレストのベースキャンプでこの薬草を呑みながら体を慣れさせ、

宇宙飛行士は、これで体調を整え、あの聞きしに勝る「馬軍団」のアスリートの威力は、

ドリンクに隠されたこの紅景天から引き出されたものだった。

とにかく、有酸素を採り入れる能力は、史上最高であろう。

がん細胞は酸欠が原因だ。

酸素の希薄な4,5000m級の山々で咲く紅景天の花は、

酸素を効率的に取り入れる能力に甚だ秀でている。

それに目をつけ、いち早く『アルカヌム』に搭載した。

 

紅景天 1

 

さらに、チャーガやクマイ笹の野生の威力が加算されている。

その威神力、押して知るべし、である。

発売されてから、20年ほど。

秘かに、受け継がれているこの幻のサプリ『アルカヌム』の再登場は、もうすぐである。

「表札屋」もやっています。

3月 20th, 2017

SONY DSC

全くの見ず知らずの方から、表札を作ってほしいとの依頼を受けました。

何でも、ネットを見て、ここに決めたとのこと。

「ここは、専門ではないですよ」と言ったのですけど、

「いいの、気に入ったから」ということで、了承頂きました。

隷書風楷書で、オーソドックスに。

長年使われるので、力まずに飽きないことが、何よりです。

何ということがないのが一番なのですが、これが中々難しいんです。

字体は、篆書から隷書、楷・行・草書、何れでも承ります。

 

SONY DSC

彫り師は今村亨さん。考古学探求と家具職人。

材木の探し、カット、裏穴加工、ニス仕上げ、文字トレース、

掘り出し、下塗り木固め、ウレタン塗装三面、

黒字入れと工程が多く、懇切丁寧な仕事ぶりで、完成です。

「ti-tieチッチ」恭兵君成功!!

3月 20th, 2017

SONY DSC

 

まほろばスタッフ・チーズ担当の斉藤恭兵君が、初挑戦!!

「ti-tieチッチ」作りに、ビギナーズラックなのか、大成功!

こっちがビックリ!すごいぞ恭兵。

しかも本格派の味わい、旨いから驚く。

牛乳に、エリクサー水を入れるだけで、チーズが出来ちゃう。

中々、そうは問屋が卸さないものを、卸しちゃう神様の手加減か。

恭兵君の熱心さが、届いたのであろう。

これからは、ソフトタイプは無論のこと、

ハードタイプにも挑戦とのこと。

チッチはレンネットなしに、どちらも作れちゃうから面白い。

とにかく、おめでとう!

皆さんも、気軽に作ってくださいね。