まほろばblog

「徐福祭」と「蓬莱の国」

2月 28th, 2013 at 10:50

SONY DSC

9日(土)、富士吉田小明見で開催された『第一回 富士徐福祭』。

参加予定でしたが、急用のため取り止めで、次回に見送ることになりました。

しかし、森下自然医学の山司氏、CI顧問の田中愛子先生、声楽家の松本愛子さん、

そして、甲府からは増川女史等が参加されて、場を盛り上げて頂きました。 

SONY DSC

山司氏より沢山の資料を贈って頂き、大変勉強になりました。

本場中国は元より韓国の研究者が多数本を出版しております。

また国内でも各地で多くの研究家や研究発表があることに驚きます。

実際、松本女史から戴いた、中国から見た日本地図。

全く逆さになっていますが、反って渡航する必然性や可能性が見えてきます。

逆転の発想、たしかに逆転地図で新たなる発想が沸いて来るから不思議です。

d8de3db2bce572ff66eae46f44e5e989

縄文から弥生への移行、稲作文化を開いた先人の遺功。

日本の大恩人なのですが、日本史では認めていません。

日本人の血の中にも彼の血が流れていると思うのですが。

これを機に、日中友好の架け橋になって

両国の良き関係を築いてくれればよいのですが。

SONY DSC

 福岡正信翁は、徐福の子孫という話をしましたが、

以前、翁を招いて、徐福のオペラを上演したそうです。

徐福が夢見た蓬莱の国・日本。

その「蓬莱の国」という題名で、翁が歌詞をつけて、無為自然の歌を作っています。

ご紹介します。

【蓬莱の国】(原詩:福岡正信)


(時)
川は流れて人去り来たる会うは別れのはじめとか
時は流れも進みもしない始め終わりはなきものを
出会った今が久遠のときか過去も未来も夢の夢
森の泉は枯れはせぬもの二人の愛はいつまでもアイヨーツ!一
ヤッコラサエンコラサヤッコラサエンコラサ(くり返し)
おまえ百までわしゃ九十九までともに自然にかえるまでここが蓬莱めでたやな


(空)
雲は流れて青空たかい人の運命は風まかせ
空は広くも小さくもならぬ西や東はなきものを
胸をあわせぱ心もひとつあなた私の国じゃない
育てるものはただひとつだけ扶桑の森よ天にまでアイヨーツ!
ヤッコラサエンコラサヤッコラサエンコラサ(くり返し)
天にそびえる扶桑の木々が世界の国の橋渡しここが蓬莱めでたやな


(色)
夢をさがして旅には出たがどこへ行こうかいずこにや
あなた運んだ五穀の種が瑞穂の国のわが命
豊年万作お天道まかせ私あなたの胸まかせ
自然にかえる全てを捨ててここはこの世の桃源郷アイヨーツ1
ヤッコラサエンコラサヤッコラサエンコラサ(くり返し)
野菜花咲き木の実もたたわ五穀豊穣時知らず
ここが蓬莱めでたやな


(無)
浜の足跡どこまで続く波にあらわれ消えてゆ<
浜の千烏に尋ねてみたらわたしゃ知らぬと鳴くばかり
愛はひとすじ変わらぬものよ寄せてはかえす波の音
潮の流れに運ばれてゆく粘土団子の芽吹くところよ大自然アイヨーツ!
ヤッコラサエンコラサヤッコラサエンコラサ(くり返し)
何もないのだすべてがあって世界ひとつと歌いあうここが蓬莱めでたやな 

SONY DSC

コメント入力欄

XHTML: あなたが使えるタグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>