まほろばblog

見直される“狩猟文化”

2月 15th, 2013 at 15:38

昨晩放映されたNHKクローズアップ現代、

『ハンターが絶滅する!?~見直される“狩猟文化”~』。

エゾシカの食害は道内ばかりと思っていたが、今や全国的社会問題であった。

野獣の増加に反比例して狩人の激減は、70年代の半分以下で、これも大きな壁となっている。

熊や鹿などその被害228億円というから、動物愛護団体からも緩和策が取られている。

その中でも各地で行われている狩猟、加工、販売という町をあげての取り組みが注目される。

特に、古来『またぎ文化』が伝承されている地域は、絶妙なバランスで獣害がない。

自ら狩り、解体し、食べる。

この教育システムに野幌の酪農大学が取り組みを初め、日本の先鞭となろう。

過去の乱獲という手痛い失敗を繰り返すことなく、狩猟を通じて野生動物と共存しようという

有機的生態系の再構成を今、日本は問われている。ezoshika2

コメント入力欄

XHTML: あなたが使えるタグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>