まほろばblog

王羲之の真蹟、発見!!

2月 16th, 2013 at 9:38

王義之1

王羲之といえば『書聖』、究極の書家であり、理想の文人である。

4世紀東晋時代、1700年も前で、日本は弥生時代、この頃の字跡はない。

王羲之の真筆は無く、多くは今で言うコピーであり、

それは双鉤填墨という精密な模写本で、

外見上は真筆とまったく区別できないほどだ。

拡大鏡によって初めてそれが複製であると分かるほどの細密さで、古人の技の凄みを知る。

小野道風筆と伝えられていたものが、実は王羲之の模写本、「大報帖」であることが判り、

新たな発見とされて、東京国立博物館に今、展示されている。

千何百年もの時を経て、書聖の風韻に触れる感激も一入であろう。

観たいものである。

imgres

若き頃、日課として下の『蘭亭之序』を臨書して止まなかった。

その風格と知性、その技量に圧倒され沈潜していった。

空海の最澄へ宛てた書簡「風信帖」は、悉く王羲之の影響を受けていた。

いわば、ほぼ20世紀を隔てても、彼ほどの大家が出現しなかったということ、

紀元前後に輩出した聖人群と人物像のスケールと深さ。

再びと、その黄金時代は人類史にやって来ないのだろうか。

そんな意味でも、生身の眼で、その筆跡を観て、

遠く太古に思いを馳せるのも、悪くはないのではなかろうか。 

王義之3

 

 

 

王義之4

 

コメント入力欄

XHTML: あなたが使えるタグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>