まほろばblog

北海道ヘンプネット3.28札幌講演会のご案内

3月 21st, 2012 at 9:33

産業用大麻による新産業の創出と地域エネルギーの自給を考える

 

 

産業用大麻は、古くから衣服などの原料や食料として人類に利用されてきた伝統的な繊維・食用作物であるとともに、最近では、地球環境にやさしいバイオマス作物として世界的に注目されています。伝統的な繊維、食料利用の他、様々な工業製品が製造可能であることから、消費者のみならず繊維、建材、食品、エネルギー、医薬など多くの産業分野から国内生産を望む声が高まっています。特に大震災後は産業用大麻を活用した地域エネルギー自給システムや大麻の放射能除去能力への関心が高まっています。 

 今回は、中部大学教授で「大麻ヒステリー」著者の武田邦彦先生に「日本人と大麻と放射能」と題する基調講演をお願いしました。また、舟山秀太郎氏、赤星栄志氏、森山大樹氏には、企業家、研究者、弁護士の立場より、産業用大麻の可能性と課題、法的な問題と対策等についてご講演いただく予定です。

 

開催日時・場所

  2012328() 11001500 札幌市教育文化会館研修室

  060-0001 北海道札幌市中央区北1条西13丁目 011-271-5821

 

基調講演(11001200

武田邦彦先生(中部大学教授、「大麻ヒステリー」著者)

  「日本人と大麻と放射能」

 

 

話題提供(13001500

    1)舟山秀太郎氏(オホーツク麻プロジェクト代表、(株)香遊生活代表取締役) 

   「北海道の産業用大麻を利用した地域振興の可能性」

   2)赤星栄志氏(バイオマス産業社会ネットワーク理事、「ヘンプ読本」著者)

      「全国の産業用大麻の栽培状況と地域産業について」

 3)森山大樹氏(弁護士、中山大麻裁判の弁護人)

「産業用大麻を巡る法的諸問題と対応策について」

        座長 菊地治己(農業活性化研究所代表、北海道ヘンプネット世話人代表)

 

参加費 1,000円(会場費、講師謝礼)

 

事前の申し込みが必要です。326日まで、下記に申し込んでください。先着120名で定員となります。

連絡先 〒0798417 旭川市永山717丁目323

農業活性化研究所 菊地治己

電話:090-48740354  E-mail: kuchisaki@live.jp 

 

主 催 北海道産業用大麻(ヘンプ)普及推進ネットワーク(略称:北海道ヘンプネット)

コメント入力欄

XHTML: あなたが使えるタグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>