まほろばblog

「超能力微生物」はスゴイ!!!

4月 14th, 2017 at 18:52

先日、発酵学者・小泉武夫先生と仲間で会食した際、

「16日に『超能力微生物』の新書が出るんですよ。

それは、こうこう、これは、それそれ・・・・・・」

とお話しくださり、これは面白い、是非読まなきゃ!となる内容。

先生自らお書きになった要約を以下に・・・・・・。

 

51mCtIu1jbL._SX312_BO1,204,203,200_

 

 

くさいが美味い!  小さいがしぶとい!
酵母、細菌、カビの神パワーに発酵仮面が迫る!!

古来から日本人は、麹(酒)、味噌、醤油など、微生物のはたらきを利用した食品を大切にしてきた。

発酵によってアミノ酸など「うまみ成分」が増し、保存期間も長くなる。

また、健康維持に「腸内細菌」が大きな役割を果たしていることも近年わかってきた。

まさに人類は、微生物に支えられて生きてきたのである。
それだけではない。

この地球上には人類が考えもつかないような“超能力”をもった微生物が、

まだまだ無数に存在していることが明らかになってきた。
たとえば、100℃以上の熱湯中に生きる微生物、

超高濃度の塩水(死海)に生息する微生物、

硫酸なみの強酸や強力放射能を浴びても死滅しない微生物……。
しかも、人類に天の恵みをもたらしてくれる微生物も続々発見されている。
動物性脂肪を植物性油脂に変換する微生物、

天然希少香料を醸す微生物、

汚染物質や有毒化学物質を分解してしまう微生物、

天然資源(レアメタル)のありかを探し出す微生物……。

もちろん、新たな抗生物質、特効薬を作り出すのも微生物だし、

食糧難を解決してくれる可能性さえ秘めている。

分子生物学の進歩によって、「ゲノム編集」「遺伝子組み換え」がブームだ。

しかし、人為的にDNAを組み換えてわけのわからない生物をつくるより、

自然界にまだまだ人知れず存在する“超能力微生物”を見つけ出してきて利用するほうが、

はるかにエコロジカルかつ合理的ではないか。

驚愕の「微生物グルメ」のエピソードも満載!
味覚を刺激されつつサイエンスのミステリーにせまる「発酵仮面」の真骨頂ここにあり!

 

小泉語録

 

お話の中で、とても大切なことを示された。

東京農大の教授になったのが、37歳の若さ。

それ以後、論文を書く必要がなかった。

それで、現場主義の実学者となれたのである。

つまり、現代は遺伝子解析など論文のため、

みな上記の分子生物学に走り、足で事実を検証する実学がなくなった。

そして、それがなければ、認められなくなった学会。

架空の人工物に走らざるを得なくなったとさえ言える。

その隙間を、先生は独り我が道を行き、

実際、存在する微生物を探し研究し利用することで、

現実世界にフィールドバックするを常とされた。

それが、今の世の中が、これほど発酵ブームに関わらず、

発酵学者が小泉先生お独りになったという経緯なのだ。

 

そして、カバンから一本の細いサインペンを差し出された。

これで、毎日4時半に起きて身を清めて執筆されるという。

140何冊の著作、皆自筆で書き直し無し(まるで、モーツアルト!)。

筆を握る指と手に、言霊が宿る。

マウスやキーボードでは、心が伝わらない、と。

 

そんなアナログ精神こそ、

アナログな生身の微生物と心を通わすことが出来るのだ!!!

最先端の技術と情報を追い求める余り、

私達は、大切な何かを失っているのではなかろうか。

自然は、自分の足元にこそ、答があると説いてくれる。。

 

コメント入力欄

XHTML: あなたが使えるタグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>