まほろばblog

「21世紀を担う若人の会」inまほろば

10月 24th, 2013 at 18:59

21C 農園2 合同

 

12日、13日の土・日曜日の2日間、

全国から「21世紀を担う若人の会」のみなさんがまほろば視察で来訪された。

㈱ムソーさんが主宰され、サン・スマイルの松浦智紀が世話人になり、

ムソーの小林東日本支社長が引率して、

次代を担う全国の自然食品小売店のみなさんが、遠路はるばる集った。

2時頃から、直路で「まほろば農園」へ。

20年も無肥料栽培に取り組まれている松浦さんをはじめ、

みなさん商売柄、農業に詳しい方ばかり。

2箇所の畑を見て回り、どうだったでしょうか。

 

21C 農園1 講義

私としては、農業革命で、人が作物を栽培し始めた時点で、

さまざまな問題を抱えるようになった原点を見据えた時、

この光と闇の二つながら背負った農業の本質には、

決してこれといったものがなく、絶えず揺らいでいるだろうと思えるのです。

それは、農業技術にしてもです。

収穫と言う光明と、貯蔵と言う無明。

現代病のうつ病さえ、発端は農業から始まったといえる事実。

自然からの収奪という乖離に、人間の本質が隠れてしまっています。

無肥料も有肥料も、大局から見ればほとんど変わらない議論のように思えます。

要するに、農業で自然にみな還るという入り口であれば、

みな仲良くしましょう、手を繋いで行きましょう、

ということだけでも、今は充分のように思えます。

21C 農園2 1

その後、店内見学と2階での「まほろば講座」で、お話を聞いて頂きました。

SONY DSCSONY DSC

① 大橋本店店長「まほろばへの誘い」 ② 島田編集長「まほろばPOSシステムについて」

SONY DSCSONY DSC

③ 専務「まほろば食養思想について」  ④ 社長「日本力」

SONY DSCSONY DSC

店長は、まほろば全般にわたる思想哲学と実践を広く簡潔に解説。

島田さんは、まほろばオリジナルで作ったPOSシステムについての説明。

専務は、まほろばの基礎を形成しているインテグレード・マクロビオテックの入門を、

社長は、情緒を「日本力」という言葉に置換えて、日本人の独創性を語った。

4人4相の講義を3時間、しっかり熱心に聴いてくださいました。

質問も飛び交え、会場は熱く盛り上がりました。

ありがとうございました。

SONY DSCSONY DSC

夜は、中央区でまほろばの食材も使って下さっている「粋ラボラトリー」で打ち上げ会。

街中に、こんな美味しく素朴なお店があるなんて、ビックリ!!

みんな話の花が咲き、とても楽しい交流会でした。

http://ikilab.com/

ph_01[2]

次の日は、地下洞『無限心』での一時。

みなさん、心の優しいとても良い方ばかりで感激しました。

未来の自然食業界も大丈夫!!

と自信をもって希望を抱くことが出来ました。

余りお役に立つことがなく、申し訳ありませんでした。

各地でますます、お元気で活躍して戴きたいと思います。

ご苦労さまでした。

ありがとうございました。

SONY DSC

参加者(敬称略)

仙台「自然食品たんぽぽ」山田朋、矢口理恵

福島「あんぜんなたべものや」矢部博和

福島「リトルガーデン」中島隆志

埼玉「有限会社 サン・スマイル」松浦智紀 稲川圭一

東京「㈱文理書院 早稲田自然食品センター」寺島真吾

岡崎「ヘルシーメイト」山田展大

奈良「かんとりい」増本晃

大阪「ムスビガーデン」廣田直樹

大阪「健康ハウス 健友館」上滝竜矢

沖縄「農業生産法人 株式会社ぱるず」諸喜田徹

東京「ムソー」小林博行 村上洋二

 

 

 

 

 

 

コメント入力欄

XHTML: あなたが使えるタグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>