まほろばblog

つばらつばら・・・・・・

2月 27th, 2013 at 11:00

業者の方から戴いた銘菓が、

何とも床しいので、そのしおり書きを添えますね。

京都の鶴屋さんのその名も「つばらつばら」。

しみじみと・・・・・・という意味合いだそうですが、いいですね。

大伴旅人の歌ということ、そのふるさとを思う

「ふりにしさと」という語感、

「思(も)へば」と「思ほゆるかも」の畳みかけ、

そして「つばらつばら」の聞きなれなくも、聞いたことのあるような、

そんな懐かしさがいっそう、この歌を遠くにはこびます・・・。

SONY DSC

浅茅原(あさぢはら)つぶらつぶらにもの思(も)へば

      故(ふ)りにし郷(さと)し思ほゆるかも

                  大伴旅人 (万葉集 巻三)

 万葉歌人大伴旅人が、大宰府長官として九州に

赴任したとき、「つぶらつぶら」すなわち、しみじみと

物思いをしていると、故郷の都のことがあれこれと

心に浮かんでくると詠んだ歌です。

「つぶらつぶら」は、しみじみと、心ゆくままに、

あれこれと、という意味の万葉の言葉。

銘菓「つぶらつぶら」は、その心を汲みまして材料を

吟味し、丹精をこめて謹製いたしました。

                        鶴屋吉信

コメント入力欄

XHTML: あなたが使えるタグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>