まほろばblog

「ラーガとターラ」 無限の創造

6月 19th, 2018 at 11:17

16日のW宮下対談。

ジミー宮下さんと宮下とのスリリングでエキサイティングな話は、常識をぶっ飛ばし、実に痛快であった。

ジミーさんのサントゥールと若池敏弘さんのタブラによる地下洞「無限心」の奉納演奏。

そして、対談後の即興演奏、「アワの唄」も、快談の波に乗って皆の心の奥に届いた。

特にラーガ(諧調)とターラ(拍)の遣り取り、組み合わせによる無限の展開に、心は踊った。

ターラの取り方を拍手で、皆にレクチャー。

するとデモンストレーションの曲に、自分も没入する不思議。

俄かに、妙に、楽しくなる。

例えば、七拍子に、十拍子が加わる。

すると循環するうちに、ズレがドンドン生じる。

そのズレが、ズレを呼び、無限で想像外の出会いと離反に、興奮と感興を呼び起こすのだ。

それが、印度音楽の神髄なのだろうか。

時候により、朝晩により、旋法ラーガが変化する。

その数、300以上。

そのラーガとターラが織り成す、無限無数ともいえる組み合わせと創造と再生。

0と無限と言う概念を発見したインド。

その音楽も、古今に変わらず、受け継がれて行く。

正に、千変万化に変化する自然と人生。

それを、生き寫すかのような印度音楽。

ジミーさんや若池さんが、憑りつかれた理由が、今にして分かったような気がする。

 

 

One Response to “「ラーガとターラ」 無限の創造”

  1. REIKO KONDOU Says:

    まほろば、宮下社長様
    当日は大変にお世話になりました。そしてお二人ともまだまだ話したりなかった様子(笑)。まほろばさんのおいしい食材で丁寧に料理された数々にも一同感激しました。作ってくれた方にお礼がいえなかったのが残念なので、この場をかりてお礼申し上げます。
    お客さんもおおいに盛り上がっていました。この対談を聞いた方が翌日の文学館のコンサートにも何人も来て下さいました。W宮下対談はもとより、若池さん・ジミーさんの当意即妙の受け答えも楽しかったですね。本当にありがとうございました。

コメント入力欄

XHTML: あなたが使えるタグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>