まほろばblog

オリーブオイル、使い方講座、開催!!

7月 29th, 2017 at 16:28

サラダマスターの堀さんと、「わら一本」オリーブオイルのアサクラさん、コラボ企画。

オリーブオイルの使い方をマスターして、ぜひおいしい料理作りにお役立てください!!

 

本店店長 大橋からひとこと…

以前から、アサクラさんの事はサラダマスターの堀さんから聞いていた。昨年愛媛の福岡自然農園を訪問した時に、「わら1本」と商品名に記載されたオリーブオイルが記念館に展示してあり、海外での福岡正信氏の自然農法が今も受け継がれていることに感銘。李枝子さん(故・正信氏のご長男雅人夫人)から「紹介するから、ぜひ取り扱って」とそのオリーブオイルをお土産にいただいた。
帰って社長に報告すると、母方の先祖の福島会津繋がりでアサクラさんの事は承知していたものの、油は種類も豊富に取り揃えているので今更と思いつつ0-1テストをしてみる。なんと今おすすめ中のチャスキオイルやヘンプオイルにも引けを取らない力強さ。もちろんオリーブオイルの中では断トツの生命力。パスタ類も他を圧倒する質の高さ。何故なのかは……ぜひ講習会に参加してみてはいかがでしょうか?
同時にチタン配合のステンレス鍋、ただの高い鍋と思ったら大間違い。酸化させずに還元してくれる不思議。味の違いに驚き間違いなし。賢く生きる情報満載です。

(本店店長 大橋和則)

 

料理教室メニュー

●beciamella con cipolla/玉ねぎクリーム
●Farro penne con pomodorino fresco e tonno
/カムット小麦のペンネフレッシュトマトとツナのソース
●Caponata/カポナータ
●Pallina di riso con orcio/オルチョおにぎり
●Insalata pomodoro e cetriolo/きゅうりのサラダ

(アサクラ使用アイテム)
●イルフィーロディパーリア/マイケルさんのつくる一軒ものエキストラバージンオリーブオイル●ファッロ小麦のペンネ/クリスチャンさんの自然栽培古代小麦の低温乾燥のショートパスタ●チェチの水煮/同じくクリスチャンさんの栽培ののチェチ(ひよこ豆)の水煮。煮汁もおいしくブイヨンとして利用●シチリアのパッサータ/トマトの水煮をサラサラのピュレ状にしたもの●野生のオレガノ/自生のオレガノの花だけをドライにした香り高いハーブ


上記写真はイメージです。

料理講師

オリーブオイルオルチョサンニータ輸入販売。オリーブオイル使い方講習主宰

朝倉玲子

イタリア家庭料理は、塩とオリーブオイルのみで加熱調理し素材の味を引き出します。素材の吟味もさることながら加熱調理の鍋がとても重要です。鍋が食材の持つ可能性(旨み)を更に引き出すといっても過言ではありません。サラダマスターは今まで使用していた調理器具以上に火の通りの均一性と旨みを引き出す力の素晴らしさに感動、愛用しています。

プロフィール
●会津生まれ。進学のため上京。 ●自然食のケイタリングサービス612(現・食のギャラリー612)で自然食に出会い、本物のおいしい素材とは何かを知る。 ●1996年よりイタリアへ渡る。イタリア南部を中心に4ヶ所の有機オリーブ栽培のアグリトゥリズモ(農家民宿)で働きながら郷土料理・家庭料理、オリーブの栽培を学ぶ。
●1998年ソレント郊外にあるミシュラン三星レストラン(当時)リストランテ Don Alfonsoで働き、1999年 帰国。 ●2000年 リグリア州インペリアO.N.A.O.O(オリーブオイル・テイスター機構)の鑑定技能講座にてオリーブオイル全般、官能検査法を学ぶ。
●初めの修業先プーリアにて、イタリア人の食生活に欠かせないオリーブオイルのすばらしさに開眼し、質のよい「本物」を日本に広めることを決意。有機栽培生産者・ジョバンナさんとの出会いから輸入を開始。「オルチョサンニータ」を販売し今に至る。 ●自然栽培や化学物質化敏捷の存在を知り、自然栽培されたオリーブオイルを探すが、中々出会えずに自分で栽培することを決断。 ●2006年より中部イタリア・アブルッツォ州でイタリア人の仲間と自然栽培のオリーブ農園を受け継ぎ栽培を開始。自家製オリーブオイル『アサクラオイル』は今年9年目を迎える。

 

サラダマスター 特徴と使い方

講師:堀 鼓多呂

316Ti 医療用サージカルステンレス(医療機関で、人工骨、メス、インプラントなど医療器具に使用されている最高級のチタン合金。金属の溶出がほとんどない)を使用した調理器具シリーズ。316Ti (チタン合金) を内壁に使用しているため、食物と金属との化学反応が起こらず、金属の溶出の心配が無く、オーブンや電磁調理器でも使え、87℃になると、インジケーターがカタカタと鳴る独自技術で、ビタミン、ミネラルの損失が少ない調理が可能。健康と安全性、耐久性の高い注目の鍋です。

 

コメント入力欄

XHTML: あなたが使えるタグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>