まほろばblog

「紅景天」入荷!『アルカヌム』近々再販売!!

3月 20th, 2017 at 17:10

紅景天 2

 

今朝、漸くの事、チベットから「紅景天」が届いた。

長らくまほろばオリジナルサプリメント『アルカヌム』が欠品している。

原因は、材料調達がままならないためだ。

殊に、秘境チベット高原の薬草が、

世界中から買いに刺さって乱獲状態で、高騰するばかりだ。

もう一つの『ユットク』の素材、「冬虫夏草」は150万円/㎏と、

一挙に跳ね上がって、しかも入手困難な状況が続いている。

 

紅景天 3

 

これまでは、比較的入手と単価が手頃な為、

易々と製造して来れたが、これからは難しい時代に入るだろう。

それにしても「紅景天」のいかにもゴツゴツした、

チベットの高嶺と風を思い起こせる材料の、何と力強く、神秘的なのだろうか。
16742550

青海省のゴルムドを訪ねた時、一挙に上ったため、図らずも高山病に罹った。

ホテルで、2日間寝込んだことを思い出す。

その時、処方されたのが、この「紅景天」だった。

エベレストのベースキャンプでこの薬草を呑みながら体を慣れさせ、

宇宙飛行士は、これで体調を整え、あの聞きしに勝る「馬軍団」のアスリートの威力は、

ドリンクに隠されたこの紅景天から引き出されたものだった。

とにかく、有酸素を採り入れる能力は、史上最高であろう。

がん細胞は酸欠が原因だ。

酸素の希薄な4,5000m級の山々で咲く紅景天の花は、

酸素を効率的に取り入れる能力に甚だ秀でている。

それに目をつけ、いち早く『アルカヌム』に搭載した。

 

紅景天 1

 

さらに、チャーガやクマイ笹の野生の威力が加算されている。

その威神力、押して知るべし、である。

発売されてから、20年ほど。

秘かに、受け継がれているこの幻のサプリ『アルカヌム』の再登場は、もうすぐである。

コメント入力欄

XHTML: あなたが使えるタグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>