まほろばblog

シニア大学での講義

1月 26th, 2016 at 13:00

今朝の道新の朝刊を見て、びっくり!!

どこかでお見受けしたお顔だな?

そうだ、先日の講義で!!

前列に座られていたニコニコ顔の主婦の方だ!

シニア、60歳になってから短大に入り、勉強のし直しと言ったところ。

素晴らしい!人生何時になっても遅いと言うことはない。

 

第二の人生まなび

 

20日(水)、野幌の北翔短大のライフデザイン学科キャリアデザインコースで、

非常勤講師を依頼され、「今を生きる」と題して一時間ばかり講話させて頂いた。

学科の通り、「どのようにして人生設計をして経験を積んで行くか」、

というテーマにピッタリのタイトルで、わが意を得たりという感があった。

ほとんどが、女学生でお話するが、何か反応が今一つだな、と思っていた所、

坂本さんが相槌を打ってくださるので、とても話しやすくなったのだ。

やはり、ある程度、人生経験がなければ、この話は響かないのかな、と思った。

だが、次第に佳境に入り、色々な刺激を与えるうちに、実感として感性が動き始めたのか、

意識がこちらに集中して来るように感じた。

そして、何かを掴んだのだろうか。

 

20160120_宮下周平講師CD演習02s

 

レポートを書き、その後、先生に見せて頂いたが、

それは驚くほど、的確に話の内容をつかみ、自分の生き方として捕らえていることに

逆に、感動してしまった。

現代の女の子の云々を言われて久しいが、

坂本さんが語られるように、礼儀正しく親切でというのも納得、

将来きっと素敵なお母さんやキャリアウーマンに成るだろうと期待できたのだ。

 

yuzawa sennsei 1

 

そして、このライフデザイン学科の先生こそ、湯澤直樹教授で、

厚別店開業当時からお客さまだった。

初めて研究室に招かれ、ビックリしたのは、机が立っている。

スタンドデスクで、これで運動不足解消になるらしい。

http://matome.naver.jp/odai/2136816331150235201

YouTube Preview Image

そして、羊腸でガット弦を作られ、それを張った古楽器ビオラダガンバを独習されている。

その為、早朝6:30から大学に来て練習されているとか。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%90

 

jordi-savall01[1]

 

また書道も幼い頃からされて、その感化でお父様が書家になられたとか、これもびっくり。

そして、福岡正信翁の影響でストローベイルハウスが考案され、

ご自分もこれで家を建てたいとか、話題に事欠かなく、楽しい時間を過ごさせて頂いた。

 

strobevol131[1]

 

一押しのシュトーレンを戴きながら、パン談義も。

多趣味の愉快な先生で、多くの学生から愛されていて今日がある、

またお邪魔したいと思いながら学園を後にした。

 

 

 

コメント入力欄

XHTML: あなたが使えるタグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>