まほろばblog

たらば「本チャン」! ! !

12月 27th, 2015 at 16:50

!SONY DSC

 

タラバ蟹は、道民でも意外と食べていない。

というより、日常的には高価なので中々口にできないのが現状で、

贈答用が主流になっている。

であるからこそ、年末にこそ一年分を思いっきり食べたいものだ。

それも、これは!というものを。

 

Red-King-Crab-4a[1]

 

今朝、仕入れたタラバ蟹、「本チャン」という。

何が、どう違うのか。

紅鮭の「本チャン」と同じように本場の北洋海域の船上で漁獲し、

ボイル処理して急速凍結したものを業界用語で『本チャン』と称している。

大型タラバの肩肉の周りを分厚く覆う氷をグレースと呼ぶ。

これが、蟹の旨みを守り、冷凍焼けなどの品質保持の重要な役目を担っている。

 

 SONY DSC

 

では、他のタラバは「本チャン」ではないのか。

残念ながら、それは言えないのだ。

それは、日本に帰ってきてから二次加工するからなのだ。

流通・販売しやすいように、シュリンク(透明フィルム)をする。

その際、冷凍したものを解凍し、整形してから再凍結する。

そこでグレースが溶けて旨み成分が流れてしまうので味が落ちる。

だからワン・フローズンの「本チャン」とは、

格段に風味や色合いが違うのだ。

 

redkingcrab_largemap[1]

 

何故、タラバ蟹と称するかは、「鱈場蟹」に由来するように、

真鱈の延縄漁によくかかるので、こう呼ばれるようになった。

世界的なタラバ蟹の漁場は、アラスカ湾とロシア海域で水揚げされるが、

何と言ってもアラスカが断然最高との評価だ。

その中のダッチハーバー産だ。

アラスカでは、州政府機関で資源保護のための禁止事項と

漁師や加工工場にも厳しい規制罰則がある。

漁獲時期も定められており、適期の水揚げのため身入りが

平均して良好で新鮮で、しかも工場の衛生設備が行き届いている。

何といっても、信頼の置けるブランドの中のタラバと言えるのだ。

 

SONY DSC

  

ベーリング海域で獲れたボイルタラバ蟹

船上凍結ワンフローズン『本チャン』 (アラスカユニシー社産)

 1肩(約1kg ¥8.900 

(足が折れている場合もあり、ご了承ください)賞味期限 約半年(-18℃以下)

 

本ちゃんタラバ

 

 

 

 

 

 

コメント入力欄

XHTML: あなたが使えるタグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>