まほろばblog

ゆにわブーム

9月 22nd, 2015 at 16:58

まほろばは、今ちょっとした「ゆにわブーム」である。

それは、郷土史家で作家の大橋女史に案内された、

大阪枚方にある食事処「ゆにわ」さんに立ち寄ったせいである。

何と、ゆにわグループを経営するこの若い面々は、

エリクサーの水を13年も飲み続けて来た!

というから、客の私が、ビックリした次第。

詳しいことごとは後日に譲るが、

蔭の大師匠、北極老人の実践哲学がすばらしい!!

彼らの活き活きした生きる姿勢と

ひたむきな求道の精神は、

襟を正して、もう一度、人生を見つめなおすに好い機会かもしれない。

以下は、羽賀青年のブログから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2015年09月18日(金)

塩から平和を実現する

SONY DSC 

写真右から二人目は
「まほろば」の宮下社長。

・エリクサーⅡ
・へうげ味噌
・へうげ醤油
などの商品を扱っている会社の社長さんです。
エリクサーⅡは10年以上
愛飲させていただいていたので、
宮下社長のことは当然、存じ上げておりましたが、
この日は偶然の出会い。
いろいろお話を伺いましたが、面白かったです。
衝撃が大きかったお話しを少し。
「へうげ味噌」や「へうげ醤油」
に使われているのは「七五三(なごみ)塩」。
その由来は
和(なごみ)」や「七五三(しちごさん)」にもよるのですが…
もう一つが
7→七大海洋の海塩と海水
・5→五大州の湖塩
・3→ヒマラヤ・アルプス・アンデスの三大山の岩塩
という世界中の塩をかけあわせているということ。
宮下社長いわく
「どこの塩がナンバーワンと争うのでなく、
すべての塩が仲良く調和する。
そんな塩を作りたかったんです」
と。
しかも、その仕上げは「北極海の塩」。
北極海の塩だけは、採取するのが難しかったので、
ノルウェーに依頼してとってきてもらったもの。
最後にスプレーでかけて仕上げるということ。

「北極で仕上げる」って…

北極流じゃないか!

他にもいろいろお話を伺いましたが、
全ての商品に半端ないこだわりがあり
非常に楽しかったです。
そんな、七五三(なごみ)塩を使った
「へうげ味噌」や「へうげ醤油」は絶品です。
味噌だけなめても美味しいです。
ぜひ、一度おためしください。
ゆにわマートで買い求めいただけます。 <ゆにわマート> http://gojigen.net/index.html518ifTXLc5L._SX343_BO1,204,203,200_[1]

(まほろば扱い。¥1700(外税))

 

http://ameblo.jp/mpdojo/entry-12074597888.html

コメント入力欄

XHTML: あなたが使えるタグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>