まほろばblog

天然イクラ、人工イクラ騒動!

7月 18th, 2015 at 16:49

いくらセット[1]

 

先日、愛知のある方からお電話を戴き、

「まほろばのオリジナルイクラが、人工イクラではないか?!」

と疑われている、との情報を頂きました。

「えぇ!そんな馬鹿な!!」と驚愕。

第一、出汁は夜なべして造り、それを工場まで持って行き、

そこで、生イクラを塩洗いして、タレに漬け込んで、

パック詰めしているところを見ているので、「何を証拠に!」

と、チョット腹が立ったというか・・・・・・。

 

その内容を聞くと、こうでした。

① お湯をイクラにかける。

天然イクラ→白く濁る。  人工イクラ→変化なし。

② イクラを転がす。

天然イクラ→目玉がひっくり返る。 人工イクラ→変化なし。

イクラ 皮

それで、実験開始!

解凍したイクラに、お湯を注ぐ。

あらあら、白く表皮が細かく剥けて行くではないか!

1枚ペッロと剥けるのではなく、細胞膜が一っ一つ剥がれ行く感じ。

2番目に、赤い目玉の面を下にすると、

あれれ、コッロと上向きにひっくり返ります。

知らなかった。

本当に、噂の通り、目玉は動くのだ!

 

イクラ 大

 

人工のイクラは、外皮がゲル状のアルギン酸が、多糖類なので剥けない。

一方、天然物は、蛋白質・アミノ酸が熱で凝固して白濁する。

中身はイクラ味を付けたゾル状の液体と目玉になる食用油と

アルギン酸のゲルを一緒くたにして、水に垂らすと、

イクラのように球状に丸まることを、何でも北大の研究室で実験して

発見したことを、聞いたことがあります。

それを応用して、製品化にしたのでしょう。

しかし、北海道では、さすが人工イクラは聞きませんね。

旬の秋には、大量の生イクラが出て、製品化されますし、

北洋の冷凍生イクラも通年貯蔵されて、全国的には流通され、

各県のすし屋などは加工しているでしょう。

時期外れだから、人工しかないという時代ではないと思います。

しかし、今もって安売りのすし屋やスーパーなどで、店頭に並ぶのでしょうね。

 

________3[1]

 

そんなこんなで、「天然VS人工」も一件落着。

まほろばのオリジナルイクラも残す所、後わずか。

9,10月に入りますと、今季の加工が始まります。

また新鮮イクラ、お楽しみに・・・・・。

8253365631_160ffecbc9[1]

 

 

コメント入力欄

XHTML: あなたが使えるタグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>