まほろばblog

「母を慕い讃える会」発足

12月 29th, 2014 at 18:21

 

母を 2

http://www12.atpages.jp/dreambig/

韓国の後藤吉助翁が、この度『母を慕い讃える会』を立ち上げました。

先回のブログ「僕を支えた母の言葉」でも、そうですが、

いかに母の存在が大きいか、

後藤翁もまた、お母さまの後姿を見て、今の人生を歩むようになったのです。

色々な難しい事や立派なお話をしても、やはり

心に愛を感じないものは、聖パウロのコリント書にある

「13:1      たとひ我もろもろの國人の言および御使の言を語るとも、愛なくば鳴る鐘や響く鐃鈸(にゅうばち)の如し。

    13:2      假令われ預言する能力あり、又すべての奧義と凡ての知識とに達し、また山を移すほどの大なる信仰ありとも、愛なくば數ふるに足らず。

    13:3      たとひ我わが財産をことごとく施し、又わが體を燒かるる爲に付すとも、愛なくば我に益なし。・・・・・」

のように感じるのです。

後藤翁の実践の根底にあるものは、母への愛なのです。

私にとって、それを真正面から言ってのけて、

真剣に取り組まれる、そのお姿に素直に感動するのです。

今時、人間にとって、こんな本質的なことを語ることすら出来なくなって来ています。

後藤翁の切実なる思いと願いが、

自作曲の「母を慕い讃える歌」に凝縮されています。

これを、世界に送り届けたいという夢を抱いていらっしゃいます。

まほろばもこの運動に賛同し支援させて戴きたいと思っております。

よろしくご理解・ご協力のほどを、お願い申し上げます。

 

母を慕い 1

http://www12.atpages.jp/dreambig/jpheart/hahatataeru.html

2014120613560000.jpg

先月、札幌で「北東アジア共同体平和機構」主宰の「日韓友好について」の講演会後、

小樽で、ささやかながら後藤翁の米寿のお祝いをさせて戴きました。

後藤翁 祝い八十八

 

日韓友好に、母恩に、イノチをかけていらっしゃるお姿、

88歳とは思えない、お元気な行動力に、私達もがんばらねば!と思います。

この一連の唄は、CD化され、有線放送でも流され、

なんとジャスダックのカラオケに、5曲も入っているんです。

びっくりでした。

どうぞ、カラオケに行かれる際には、是非一度試して唄ってください。

そうして、応援してください。

来年も、皆様にとって、良き年になりますように、お祈り申し上げます。

YouTube Preview Image

 

2 Responses to “「母を慕い讃える会」発足”

  1. 「母を慕い讃える会」発足 | 母を慕い讃える会 Says:

    […] Source: まほろばblog» Blog Archive » 「母を慕い讃える会」発足 […]

  2. 半澤公紀 Says:

    おはようございます。3月17日にお電話を戴きながら、学年末の仕事が忙しく、ようやくウェーブを開き見てお便りしております。お元気なお姿を拝見しました。米寿との事おめでとうございます。私たちの恩師ヤイ子先生の米寿のおいわいに、2年前台風の上京し清瀬にて懇親会を開き、上野ホテルに泊まり。講談を聞き翌日はとバスで観光しスカイツリーを見学しました。楽しい2日でした。東京の桜も満開に成る頃ですね。福島は4月4日頃との予想です。それではお元気でお過ごし下さい。お会い出来る日を楽しみにしております。福島県伊達市梁川町 半澤公紀

コメント入力欄

XHTML: あなたが使えるタグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>