まほろばblog

千島学説研究会in京都

10月 30th, 2014 at 20:08

10月25日(土)26日(日)両日、京都産業会館にて、

「千島学説研究会」京都セミナーが開催された。

エンバランスを販売しているために、ホワイトマックス社の

増本会長ご夫妻から講演のお誘いがあり、また、

出版社「地湧社」の増田会長や理事の阿部一理先生、

店のご近所・稲田ご夫妻とのご縁もあり、

さまざまな垣根を越えて全てが円満になりますよう祈りを込めて

お受けすることにしました。

SONY DSC

当日仕入れがあったため、午後夕方に到着。

森下会長の「自然医学誌」やご講演には御馴染みの

酒向猛先生の講演が聞けず仕舞いで残念でした。

しかし、先生から資料を頂き、現代先端医療技術から観た

千島学説への客観的評価は興味深く、広く社会に認知して貰うには、

通らねばならぬ道程に思えました。

SONY DSC

次の日、午前中、衛藤公治先生の「千島学説から考えるSTAP細胞」は、

大変興味深く、拝聴。

最初、「神との対話」を披瀝し、UFO話が飛び交うなどユーモアに満ち、

次第に佳境に入り、生命現象はシャーレーの中での動向ではなく、

体や自然の全体の働きとして、どう変化するかであって、

千島学説八大原理から観ても、STAP細胞や現象は当然あり得べきもので、

完全否定は出来ないなど、極めて示唆に富む内容であった。

SONY DSC

「日本人と情緒」と題した私の内容。

1時間半で、丁度終えて一安心、さてどうだったでしょうか。

SONY DSC

 

国学院の先生と能楽師の二足草鞋を履く鈴木一策先生。

自著「マルクスとハムレット」の解説。

能楽や千島学説から見るとハムレットもこうも変わる。面白い。

SONY DSC

そんなこんなで、初めての方々との邂逅。

みなさん優しく、心豊かな方々ばかりで、嬉しくなりました。

またみなさん、森下会長の「自然医学」の愛読者でもあり、

心和み、心強く思いました。

春は近いと感じました。

コメント入力欄

XHTML: あなたが使えるタグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>