まほろばblog

雄武から「鮭のいずし」が届きました!

12月 23rd, 2013 at 12:13

SONY DSC

 

浜益村の木村テルさんのいずしも、今では遠い思い出となりました。

雄武の智ちゃんのいずしも完売で、

今朝、同じオホーツクの雄武町、津嶌司さんの手作り「秋さけ飯寿し」が入荷。

前浜の雄武沖で獲れる銀毛のオスのみを厳選使用しています。

40日間じっくり熟成させて旨みを引き出す昔ながらの『本漬け』、

味わい深い食感に仕上げる。今年4年目の製造販売。

津嶋社長.jpg

津嶌さんは、元より漁家の生まれ育ち。

漁協、地元の水産加工業者で経験を積んで独立開業。

帆立加工を主力に、秋鮭の飯寿しのほかに、 秋鮭の新巻き、地場産の干物などを手掛けています。

津嶌社長のお母さんが家庭で漬けていた飯寿しのレシピを受け継いでの製品化。

前浜のピッカピッカで脂の乗った銀毛鮭を、フィレーに製割し、一晩、凍結。

半解凍で食べ易い大きさに切り、 一晩流水に晒して、ヌメリを丁寧に取り除く。

 

一緒に漬け込む野菜は、人参と、 地元の農家に生産を依頼した無農薬栽培の大根

味付けは、酒、生姜、唐辛子などで、

合成保存料や化学調味料は一切使わず、 無添加にこだわっているます。

500g発泡容器に(木目調)詰めで販売。

¥2.480

 

津嶌社長は、 「手作りで大量生産は出来ないが、 地元の秋鮭にこだわって素材を厳選し、

昔ながらの製法と味付けを 守って行きたい」と話される。

実に、滋味深い旨さに、いささか驚いています。

限定200箱、お早目のご注文を。

コメント入力欄

XHTML: あなたが使えるタグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>