まほろばblog

自然医学誌『故郷忘じ難く・・・・』

12月 17th, 2013 at 13:14

自然医学 2014・1月 表紙

「森下自然医学」1月号が届きました。

新春鼎談は、会長と船瀬さんと増川さん。

「現代西洋医学はなぜ病気を治せないのか」前篇。

ワクチン問題、iPS細胞の限界、抗ガン剤は毒ガス兵器・・・・等々、

過激発言が飛び交う面白い内容です。

自然医学 2014・1月 鼎談

 

北海道在住の元毎日新聞社記者の山田寿彦さんの

「ヒポクラテスの目」シリーズ『食文化が破壊される構造』。

和食が世界無形文化に登録される一方、食材表示偽装事件の発覚。

ホテルで出される和食は、本当に和食なのか、大丈夫なのか?

という疑問が沸く、何とも皮肉な時の巡り合せに、一石を投じられている。

自然医学 2014・1月 ソクラテス

 

今回の「倭詩」は、歴史的日中韓問題を取り上げた。

それは、古代中国人と原日本人の融合の時代があったこと。

そして、古代から中世にかけて朝鮮人の大挙渡来があり、

いずれも現日本人の血に流れている事実。

それを直視することなしに、この国家間の問題は語れないことなど・・・・。

今「利休にたずねよ」が封切られたこともあり、その問題が突きつけられている。

自然医学 2014・1月 倭詩

 

 

コメント入力欄

XHTML: あなたが使えるタグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>