まほろばblog

故郷忘じがたく候・・・・・

12月 12th, 2013 at 16:56

沈寿官 1

 

「自然医学誌」1月号の『倭詩』責了後、すぐの今朝。

紙面を見て、驚く。

そこには薩摩焼15代目の「沈寿官」氏が載っていた。

父祖の地・韓国で初めて展示会を開いたと言うのだ。

島津藩によって連行拉致された陶工たちの中に、沈氏初代が居た。

それから400年。

その別離の悲しみ、懐郷の思いを抱いたのは、九州全土あるいは山口萩に及んだ。

その数、一千人と聞く。

その惨状と非情を、今回思い切って書いてみた。

歴史の裏に隠された、我らが祖先の所業を、わが身に置換えた時、

隣国に対する眼差しも、変わるのではなかろうか。

映画「利休にたずねよ」の背景にある残酷な歴史を、

我々は知らねばならない時に来ている。

コメント入力欄

XHTML: あなたが使えるタグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>