まほろばblog

シタールの神技

3月 29th, 2014 at 12:30

8144432_orig

 

50年前にビートルズのJ・ハリソンだったか、インド音楽に夢中になっているという話が伝わった。

それが、シタールの神様といわれたラビ・シャンカールだったのは、

これもヴァイオリンの名手、メニューヒンとの共演者がシャンカールだったことを知ったからだ。

このラーガを二人が競演して、東西が合体したことに、大変興奮したものだった。

今、当時の録音を聞いても、名演であることには変らない。

時代も過ぎ、ノラ・ジョーンズというアメリカの若手女性歌手が、

なんとも気だるさの中に東洋的香りが漂い、

ただならない音楽性に驚いたが、その子がラビの娘で、

時同じくして、インドでラビを継いだという噂とともに、

カーシャネール・シャンカールが颯爽として世界にデビューした。

これはこれは、超絶的親譲りの技法に驚くばかりだ。

その二人の腹違いの娘の競演も聞き物で、最近の新譜は素晴らしい。

遂に不出世のシャンカールは、逝った。

残された二人の活躍を祈る。

 

YouTube Preview Image

 

YouTube Preview Image

 

 

http://www.ravishankar.org/

 

 

コメント入力欄

XHTML: あなたが使えるタグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>